プロナビ
速報
» 2019年06月04日 06時45分 公開

WWDC 2019:Appleのタブレット専用OS「iPadOS」、今秋リリースへ

Appleが、これまでiPhoneと同じ「iOS」を使っていた「iPad」向けに、専用OS「iPadOS」を発表した。大画面を生かしてホーム画面にウィジェットを常駐させたり、Safariでの表示がデスクトップ版をiPadに最適化して表示したりする。リリースは今秋の予定だ(対応機種は記事を参照のこと)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月3日(米国時間)、開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」で、タブレット「iPad」専用OS「iPadOS」を発表した。iPhoneとiPadで共通だった「iOS」からタブレット向けを分離する形だ。デベロッパープレビューを同日に配布し、パブリックβを6月中に配布する予定。一般向けには2019年秋にリリースする。

 ipad 1 「iPadOS」は今秋リリース予定

 iPadのOSは現在、iPhoneと同じ「iOS」で、タブレット向けの画面分割機能やマルチタスク機能を提供している。これを完全に分離することで、大画面や「Apple Pencil」を最大限生かせるようにしていく狙い。

 ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏は「iPadOSは、ウィジェット付きの新しいホーム画面、より強力なマルチタスク、Apple Pencilをさらに自然に使えるようにする新しいツールなど、素晴らしい機能を提供する」と語った。

 ipad 2 iPadOSを発表するクレイグ・フェデリギ上級副社長

ホーム画面に「今日の表示」のウィジェットが常駐

 ホーム画面には、iPhoneでは右にスワイプすることで表示する「今日の表示」が表示され、各ウィジェットにそのままアクセスできるようになる(記事の一番上の画像)。

Split Viewで同じアプリも2画面表示・編集が可能に

 画面を2つに分割して2つのアプリを表示・編集する「Split View」が強化され、同じアプリのページを並べてコピー&ペーストなどができるようになる。また、「App Expose」で開いているアプリをカード状に並べて1タップで任意のアプリを表示できる。

 ipad 3 「App Expose」

Apple Pencilのレイテンシが20msから9msに向上

 iPad専用スタイラス「Apple Pencil」との連携も強化される。例えばApple Pencilで画面の隅からスワイプすることでWebページ全体や文書、メールなどをマークアップして送信することなどが可能。また、レイテンシが従来の20msから9msに短くなる。

 ipad 4 ツールパレットも新しくなる

「ファイル」アプリで外付けドライブもサポート

 現在はiCloudなどのクラウドストレージと本体内のファイルを表示する「ファイル」アプリがUSBドライブやSDカードをサポートする。また、iCloudでは、共有フォルダにアクセスする人がファイルアプリで共有フォルダ内を見られるようになる。

 ipad 4 「ファイル」アプリが外付けドライブもサポート

Safari、Webの表示をiPadに最適化したデスクトップ版に

 Webブラウザ「Safari」のiPadOS版は、Webサイトの表示が自動的にデスクトップ版になり、それをiPadのディスプレイにあわせて調整し、タッチ対応にする。「Google Docs」などのWebアプリを使いやすくなる。また、ダウンロードマネージャーやタブ管理の強化、新しいキーボードショートカットなどをサポートする。

 ipad 6 iOS、macOS、iPadOSで同じWebページを表示したところ

3本指でのコピー&ペーストなど、テキスト編集の新機能

 テキスト編集で、3本の指でテキストや画像をコピー、ペースト、アンドゥする新しいジェスチャーが加わる。

 この他、ダークモード、モリサワなどのカスタムフォントのダウンロード、新しいフローティングキーボード、「写真」や「マップ」アプリの改善なども行われる。

 ipad 7 ダウンロード可能なフォント
 ipad 8 新しいフローティングキーボード

 iPadOSは、「iPad Air 2」以降、すべての「iPad Pro」、「iPad」の5世代以降、および「iPad mini 4」以降で今秋に無料ソフトウェアアップデートとして入手可能になる予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう