ニュース
» 2019年07月03日 14時27分 公開

カシオ、厚さ8.9mmのメタルウオッチ「EDIFICE」新モデルを8月8日に発売 スマホリンク機能付き

カシオ計算機は、8月8日に高機能メタルウオッチ「EDIFICE」の新モデル「EQB-1000Y」を発売。ラップタイム計測時に前回のタイム差を表示する「ラストラップインジケーター」を新たに備え、アプリと連携すれば正確な時刻に自動修正したり、300都市以上のワールドタイムを簡単に設定したりできる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 カシオ計算機は、8月8日に高機能メタルウオッチ「EDIFICE」から新モデル「EQB-1000Y」を発売する。希望小売価格は4万5000円(税別)。

Photo 高機能メタルウオッチ「EDIFICE」の新モデル「EQB-1000Y」

 本製品は薄型化を追求し、従来は基板の表裏に配置していた部品を片面のみに高密度で実装。スマートフォンリンク機能を備えたモデルで最もスリムな「EQB-800」より4.1mm薄い、ケース厚8.9mmを実現している。

 デザイン面では、フラットなベゼルにシャープな面で構成されたラグで躍動感を表現。発電効率を高める遮光分散型ソーラーパネルのセル形状を最適化し、インダイアル部のみで十分な電力量を確保している。これによりメタル製の文字板が可能となり、ベゼルと同様の上質さを目指したヘアラインの仕上げも施した。

Photo 外観イメージ

 ラップタイムの計測時に前回のタイムとの差をマイナス5からプラス1秒の範囲でインダイアルに指し示し、文字板には2都市のワールドタイムを同時に表示する「ラストラップインジケーター」を搭載。アプリと連携すれば正確な時刻に自動修正したり、300都市以上のワールドタイムを簡単に設定したりできる。

 サイズは49.9(幅)×45.6(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量は約135g。10気圧防水を備え、タフソーラー(ソーラー充電システム)での連続駆動時間はパワーセービング状態で約19カ月。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう