ニュース
» 2018年08月30日 19時40分 公開

最大3日間使えるカシオのスマートウォッチ「WSD-F30」、2019年1月に発売

カシオ計算機は、最大3日間のカラー地図とGPS利用を可能にする「エクステンドモード」を搭載したアウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F30」を2019年1月に発売。カラー画面には有機ELを採用し、従来モデルからさらに軽量化したスマートなデザインに仕上がっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 カシオ計算機は、2019年1月にアウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart(プロトレックスマート)」の新製品「WSD-F30」を発売する。カラーはブルー、オレンジ、ブラックの3色で、メーカー希望小売価格は6万1000円(税別)。

PhotoPhoto アウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F30」

 本製品には、1回の充電で最大3日間のカラー地図とGPS機能の利用を可能とする「エクステンドモード」を新たに搭載。通常はモノクロ画面で時刻・センサー情報を表示し、あらかじめ入力したスケジュールに沿って、睡眠中は自動的にスタンバイ状態に切り替えるなどして消費電力を抑える。

 カラー画面とモノクロ画面を重ねた二層画面が進化し、カラー画面(390×390ピクセル)には有機ELを新たに採用。時刻のみを表示していたモノクロ画面のレイアウトも一新して高度・気圧・方位の一括表示を可能とした。

 スマートフォンとの通信とモノクロ画面で時刻情報のみを表示する「タイムピースモード」を進化させ、時刻情報や高度・気圧などのセンサー情報も同時に表示する「マルチタイムピースモード」も提供。電力消費を抑えつつ、アウトドアで役立つ情報を一目で確認できる。

Photo 二層ディスプレイのイメージ

 縦横ともに3.9mm、厚さ0.4mmのサイズダウンを実現。ベゼルには樹脂にメタルのような光沢を持たせるナノ加工を施し、バンドの柔軟性を高めて穴の数を増やすことで、装着感の向上を目指した。

 本体サイズは約60.5(幅)×53.8(高さ)×14.9(奥行き)mm 、重量は約83g (バンド含む)。対応機種はAndroid 4.4以上(Go エディションを除く)、iOS 9.3以上を搭載した端末。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10