ニュース
» 2019年07月04日 10時21分 公開

IIJmioで「eSIM」サービス(β版)を7月18日に開始 月額1520円で6GB

IIJが、コンシューマー向け「IIJmio」でeSIMサービスのβ版を7月18日に開始する。加入者管理機能を使ったフルMVNOの仕組みを使ったもの。月額1520円で6GBの高速データ通信が可能。

[田中聡,ITmedia]

 IIJ(インターネットイニシアティブ)が、コンシューマー向けモバイル通信サービス「IIJmio」向けに、eSIM対応のデータ通信サービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」を、7月18日に提供開始する。

eSIM eSIMサービスの詳細

 eSIMは、物理的なSIMカードを使わずに、通信サービスの利用に必要なプロファイルを遠隔で書き込める仕組み。IIJは2018年からHLR/HSS(加入者管理機能)を活用したeSIMプラットフォームを構築し、eSIM端末で動作検証を行ってきた。

 今回は、正式サービスの提供に先立ち、β版として提供する。eSIMに対応したSIMロックフリーのスマートフォンで利用でき、国内では「Surface Pro LTE Advanced」「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」「iPad Pro(11型)」「iPad Pro(12.9型、第3世代)」「iPad Air(第3世代)」「iPad mini(第5世代)」が対応する。ユーザーは専用ページから契約手続を行い、eSIM端末でアクティベーションコード(バーコード)を読み取ってプロファイルをダウンロードすれば、利用可能になる。

eSIM 対応端末

 利用料金は、初期費用が3000円、月額利用料金が1520円、SIM発行手数料が200円。利用できるデータ容量(バンドルクーポン)は6GB/月で、翌月に繰り越しもできる。通信速度は下り最大1288Mbps、上り最大131.3Mbps。月間のデータ容量を超過した後は、200kbpsに速度が制限される。20GBか30GBのデータ容量追加オプションも適用できる。音声通話とSMSには対応していないため、低容量のキャリア回線を使いながら、データ通信のメイン回線をeSIMにするといった使い方が想定される。

eSIM サービスの仕組み

 eSIMサービスの開始に合わせてキャンペーンも実施する。7月18日〜31日の第1弾では初期費用から2999円を値引きする。8月1日〜14日の第2弾では、利用開始の翌月から3カ月間、1GBのデータ容量をプレゼントする。8月15日〜28日の第3弾では、利用開始の翌月から3カ月間、月額料金から1000円を割り引く。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう