ニュース
» 2019年07月19日 16時21分 公開

auのiPhone向け「海外データeSIM」対象エリア、96の国・地域へ拡大

KDDIは、iPhone XSやXRで利用できるeSIMサービス「海外データeSIM」の対象エリアを96の国・地域へ拡大。従来の北米・ハワイにアジア、オセアニア、欧州などが加わる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI、沖縄セルラーは、7月19日にデュアルSIMに対応したiPhoneで利用できるeSIMサービス「海外データeSIM powered by GigSky」の対象エリアを拡大した。

「海外データeSIM powered by GigSky」の対象エリアを96の国・地域へ拡大 「海外データeSIM powered by GigSky」の対象エリアを96の国・地域へ拡大

 海外データeSIMは、海外に長期滞在する利用者に向けたデータ通信サービス。GigSkyの運営するプラットフォームを活用し、専用アプリ上で事前に利用期間とデータ量を決めてプランを購入するため追加料金なく利用できる。1度プランを購入すれば、有効期間内かつ対象国・地域であれば複数の国・地域でも利用できる。料金は30日プランの5GBが5800円、8GBが8900円で、対象機種はiPhone XS/XS Max/XR。

 2019年4月の開始当初の対象エリアは北米・ハワイのみだったが、新たにアジア、オセアニア、欧州などを加え96の国・地域で利用できるようになった。 利用方法はApp Storeで「海外データeSIM」アプリをダウンロードし、アカウントの作成、支払方法の設定、プラン購入、eSIM情報のダウンロードを実施。対象地域に到着後、現地ネットワークへ接続すれば自動で利用開始となる。既にアプリを利用している際、拡大後の対象エリアで利用するには同日公開のアプリ最新バージョン(ver1.2)へアップデートする必要がある。

「海外データeSIM」アプリ画面イメージ 「海外データeSIM」アプリ画面イメージ
「海外データeSIM」トップ画面、料金プラン選択画面イメージ 「海外データeSIM」トップ画面、料金プラン選択画面イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう