調査リポート
» 2019年07月22日 20時30分 公開

6割が週1回以上キャッシュレス決済を利用 5人中4人は「現金支払いよりも便利」と回答 JCBが調査

ジェーシービーがキャッシュレス決済に関する調査を実施。結果を発表した。回答者の約6割が週1回以上キャッシュレス決済を利用しており、5人中4人は「現金支払いよりも便利」とした。一方、利用をためらう理由上位は「使用可否が不明」「残高の不安」「少額だと嫌がられる気がする」となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ジェーシービーは7月18日、キャッシュレス決済に関する調査結果を発表した。調査対象は全国の20〜60代の一般消費者1000人と、20〜60代の特定職業従事者(コンビニ/居酒屋のレジ業務担当、タクシー運転手)300人で、調査期間は7月3日〜7月9日。

 一般消費者に現在のキャッシュレス決済の利用頻度を尋ねたところ、1日に4回以上が3.1%、1日に2・3回程度が6.6%、1日に1回程度が10.6%、週に3・4回程度が17.1%、週に1回程度が20.6%となり、約6割が週に1回以上キャッシュレス決済を利用。現金支払いとキャッシュレス決済の利便性について尋ねたところ、80.7%が「キャッシュレス決済の方が便利」と回答した。

JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」
JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」

 キャッシュレス決済の利用者に対して利用をためらった経験があるかどうかを尋ねたところ、65.8%が「経験がある」と回答。理由の上位は「使えるかどうかわからない(32.5%)」「残高が足りるかが心配(31.3%)」「少額だと嫌がられる気がする(28.9%)」となった。

JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」
JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」

 続いて、決済方法が店舗選びにどれだけの影響を与えるかを尋ねたところ、53.5%が会計時にキャッシュレス決済ができない場合「次回以降の来店意欲が下がる」と回答。実際に39.3%が「来店を取りやめた経験がある」と答えた。また、店舗で前の人の現金支払いで時間がかかっていると、70.7%が「イライラすることがある」と回答した。

JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」
JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」
JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」

 2019年10月から開始となる「キャッシュレス・消費者還元制度」に伴い、キャッシュレス決済をした場合に「最大ポイント5%還元」となる。この制度の施行後に現金支払いとキャッシュレス決済のどちらで支払うかを尋ねたところ、75.7%が「キャッシュレス決済で支払いたい」という結果になった。

JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」

 一方、コンビニエンスストア、居酒屋、タクシーで会計業務を行っている担当者にキャッシュレス決済の導入状況を聞いた所、コンビニエンスストアの93.0%、居酒屋の77.0%、タクシーの74.0%が何らかのキャッシュレス決済を導入していると回答した。「一部導入されている」と「導入されていない」という回答者へキャッシュレス決済の必要性について尋ねたところ「キャッシュレス決済があった方がいい」と答えたのは、コンビニエンスストアが83.3%、居酒屋が76.8%、タクシーの運転手は74.5%となり、全ての現場で高い支持があることが判明した。

 会計業務を行っている際、一般消費者から取り扱っていないキャッシュレス決済手段について要望を言わたことがあるか聞いたところ、68.7%が「要望を受けたことがある」と回答している。

JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」
JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」
JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」

 会計時は現金とキャッシュレス決済どちらが楽かを尋ねたところ、コンビニの81.0%、居酒屋の65.0%、タクシー運転手の64.0%が「現金支払いよりもキャッシュレス決済が楽」と回答。「金額に関係なくキャッシュレス決済を利用して欲しいか」と尋ねたところ、コンビニの79.0%、居酒屋の78.0%、タクシー運転手の76.0が「利用して欲しい」と回答している。

JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」
JCBの「キャッシュレス決済に関する調査」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう