ニュース
» 2019年07月23日 11時49分 公開

10月1日から公衆電話の通話料が値上げ 増税の影響で

NTTコミュニケーションズは2019年10月1日からの増税に伴い、公衆電話から加入電話等への10円での通話可能時間を短縮し、実質値上げする。

[金子麟太郎,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは2019年10月1日、公衆電話からの通話について、消費税増税に伴う料金改定を実施する。

NTT NTTコミュニケーションズのリリース

 10月1日以降は、公衆電話から加入電話等への10円での通話可能時間を短縮。区域内は57.5秒から56秒に、隣接区域内は40.5秒から39.5秒などに変更される(いずれも昼間と夜間の場合)。

NTT 改定前と改定後の料金

 最近では見つけるのに苦労するほどの公衆電話だが、携帯電話の普及により、設置台数は漸減傾向にある。とはいえ、災害時に携帯電話網がダウンした場合、公衆電話が使われるケースもある。

 公衆電話網の利用料金は、距離が長くなれば高くなる仕組み。 現金やテレホンカードを使って電話をかけることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう