今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年08月08日 15時34分 公開

PayPay、ユーザー数が1000万、加盟店は100万に サービス開始から約10カ月で

モバイル決済サービス「PayPay」のユーザー数が8月7日に1000万に到達した。8月8日には加盟店が100万を突破した。サービス開始から約10カ月での達成となる。

[田中聡,ITmedia]

 PayPayは、モバイル決済サービス「PayPay」の登録者数が8月7日に1000万に到達したことを発表した。2018年10月5日にサービスを開始してから、約10カ月での達成となる。急速にユーザー数を伸ばせた要因として同社は、各種キャンペーンに加え、国や地方自治体、他事業者のキャンペーンや啓もう活動によって、日本のキャッシュレス決済の機運が高まったことを挙げる。

PayPay PayPay

 累計ユーザー数は、第1弾の「100億円あげちゃうキャンペーン」実施後の2018年12月13日で一気に300万を突破し、ユーザーの伸び幅は2018年12月上旬が最も大きい。その後も右肩上がりで数字を伸ばしている。

 次いで伸び幅が大きい900万〜1000万は、2019年7月18日〜2019年8月7日。これは、8月1日から、ヤフー関連のサービスで付与している期間固定Tポイントを、「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」に変更された影響によるものとみられる。ヤフーのサービス利用者に期間固定のPayPayボーナスがたまったことから、PayPayの登録者が増えたといえる。

PayPay
PayPay PayPay登録者数の推移

 合わせて、PayPayの加盟店が8月8日時点で100万を突破したことも発表した。同社はサービス開始前から全国20箇所に営業拠点を設置し、都市部から地方まで加盟店の拡大に努めてきた。大型のフランチャイズ店はもちろん、従来の決済手段が現金のみだった小規模な店舗にも、PayPayの導入を進めることができた。なお、100万店舗は申し込み件数で、審査中の店舗なども含まれるため、厳密にはPayPayを利用できる店舗=100万というわけではない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう