調査リポート
» 2019年08月21日 15時20分 公開

2019年4〜6月の国内携帯出荷 iPhoneが好調も、Androidが苦戦

IDC Japanは、8月20日に2019年第2四半期(4〜6月)の国内携帯電話/スマートフォン出荷台数を発表した。端末の合計出荷台数は前年同期比1.4%減の707.3万台で、要因はiPhone出荷が前年同期比7.5%増の262.2万台に回復した一方、Androidが前年同期比6.6%減となったことが考えられる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 IDC Japanは、8月20日に2019年第2四半期(4〜6月)の国内携帯電話/スマートフォン出荷台数を発表した。

 携帯電話合計出荷台数は前年同期比1.4%減の707.3万台。iPhoneの出荷が前年同期比7.5%増の262.2万台に回復した一方、Androidが前年同期比6.6%減となった。

 ベンダー別はAppleが前年同期比でシェアが3.1ポイント増加し、37.1%でトップを維持。2位は110.0万台を出荷したシャープ(シェア15.5%)、3位は67.0万台出荷のサムスン電子(同9.5%)、4位に60.8万台出荷の富士通(同8.6%)、5位は56.9万台出荷の京セラ(同8.0%)となる。また、スマートフォンは2019年第2四半期の出荷台数は693.3万台(前年同期比1.8%減)となった。

 2019年第1四半期では、国内携帯電話とスマートフォンの出荷シェアでいずれも4位につけていたソニーモバイルは、今回は圏外となっている。その代わりにサムスン電子が圏外から3位に復帰している。

IDC Japanが発表した「2019年第2四半期 国内市場携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア」 2019年第2四半期 国内市場携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア
IDC Japanが発表した「2019年第2四半期 国内市場スマートフォン出荷台数 ベンダー別 シェア」 2019年第2四半期 国内市場スマートフォン出荷台数 ベンダー別 シェア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう