世界を変える5G
ニュース
» 2019年08月29日 17時15分 公開

HuaweiがIFA2019で新「Kirin」チップ発表へ 5G対応を示唆

Huaweiが、IFA2019で新たな「Kirin」プロセッサを発表する。5Gに対応することをほのめかしている。次期Mateシリーズに搭載か。

[田中聡,ITmedia]

 Huaweiが、9月6日にドイツ・ベルリンで開催される「IFA2019」にて、新しい「Kirin」プロセッサを発表することをTwitterで予告している。投稿された動画には「RETHINK」「EVOLUTION」「5G」「Kirin」という文字が流れ、次期Kirinが5Gに対応することを示唆している。現行のハイエンドプロセッサが「Kirin 980」なので、次は「Kirin 990」か。

Huawei 予告動画では「5G」の文字が躍る
Huawei 9月6日に発表をするようだ

 Huaweiは例年、IFAで新しいKirinプロセッサを発表し、翌10月に、そのKirinを搭載した「Mate」シリーズの新モデルを発表している。2017年に発表した「Kirin 970」は、世界で初めてNPU(Neural Network Processing Unit)を内蔵し、AI機能を搭載した。2018年に発表したKirin 980は、NPUが2つになり、さらにパフォーマンスを向上させた。Kirin 990(仮)は、5Gへの対応が話題を集めそうだ。

 順当に行けば、次期Mateシリーズの「Mate 30(仮)」が、新プロセッサを搭載するだろう。なお、次期Mateシリーズには、Huaweiの新UIである「EMUI10」を搭載することが予告されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう