速報
» 2019年09月05日 09時56分 公開

E-ink画面のシンプルスマホ「Light Phone 2」、350ドルで発売

E-inkディスプレイで通話、メッセージング、アラーム機能しかないシンプルスマホ「Light Phone 2」が350ドルで発売される。SIMロック解除のスタンドアロン端末だ。先代と異なり、ユーザーは後からナビ機能や音楽プレーヤー機能などを追加できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米新興企業のLightは9月4日(現地時間)、E-inkディスプレイ搭載の新スマートフォン「Light Phone 2」を自社サイトで350ドル(約3万7000円)で発売すると発表した。

 light 1 「Light Phone 2」

 予約受付中で、10月に出荷を開始する。ただし、今のところ日本には販売しない。4G回線(B1, B3, B5, B7, B8, B20, B28)に対応する。

 同社は、人々が自分の時間を大切にするために、できるだけ使わないスマートフォンの開発を目指している。2017年に発売した初代「Light Phone」は、通話、メッセージング、アラームの機能しか使えないかなり制限のある端末だった。

 Light Phone 2はユーザーからのフィードバックに基づいて、ユーザーがWebサイト経由でオプションで機能を追加できるようにした。今後、ナビ機能、計算機、音楽ツールなどを追加できるようにしてく計画だ。ただし、(ユーザーの時間を消耗する)SNS機能を追加する計画はない。また、広告を表示することもない。

 light 2 テキストメッセージの入力

 Light Phone 2はSIMロック解除端末として、nanoSIM付きで販売される。ユーザーは、付属のSIMを使わずに、例えばデジタルデトックスしたい時だけメインのスマートフォンのSIMをLight Phone 2に入れて持ち歩くこともできる。

 light 3

 OSはAndroidベースの「LightOS」で、プロセッサはQuacommのMSM8909W、メモリは1GB、ストレージは8GB。バッテリーは950mAh。サイズは91×55×6.5〜7.5mmで重さは75g。色は黒とグレイの2色。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう