今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年09月13日 22時01分 公開

PayPayサービス開始1周年 今後は「スーパーアプリ」目指す セキュリティ対策やサポートも強化

コード決済サービス「PayPay」が、サービス開始から間もなく1周年を迎える。2019年9月13日時点でユーザー数は1250万人、加盟店申込数は140万箇所に達した。今後は、金融・決済にまつわる機能がスマホだけで完結する「スーパーアプリ」を目指す。

[田中聡,ITmedia]

 コード決済サービス「PayPay」が、サービス開始から間もなく1周年を迎える。2018年10月5日にサービスを開始したPayPayは、2019年9月13日時点でユーザー数は1250万人、加盟店申込数は140万箇所、累計決済回数は1.4億回に達した。

PayPay ユーザー数は1250万人に到達

 中山一郎CEOによると、PayPayが最も大事にしている指標が決済回数だという。「ユーザーとのエンゲージメントが決済回数に表れると思っている」と同氏。決済回数が増えたのは、多くのユーザーがPayPayを知った結果でもある。2018年12月の「100億円あげちゃうキャンペーン」を皮切りとしたキャンペーンを継続的に実施することで、サービスの認知度が大きく向上し、自社調査によると、スマホ決済の認知度はナンバーワンになったという。

PayPay PayPayの中山一郎CEO
PayPay キャンペーンが功を奏し、スマホ決済の認知度が向上

 こうしたキャンペーンは、「ニッポン PayPayPay!プロジェクト」と銘打ち、ユニクロやコカコーラなどの外部企業とも連携しながら、継続していく。さらに、ソフトバンクやヤフーと連携したキャンペーンも予定しており、詳細は各社から後日発表される。

PayPay 「ニッポン PayPayPay!プロジェクト」が始動
PayPay ソフトバンクやヤフーと連携したキャンペーンも

 今後、さらにユーザーを増やすために、中山氏はキャッシュレスの不安を払拭(ふっしょく)させることが重要だと説く。自社調査によると、キャッシュレス決済を使わない理由のトップが「セキュリティが不安だから」だった。

PayPay キャッシュレスを使わない理由に、セキュリティの懸念を上げる声が最も多かった

 そこでPayPayでは、端末認証、二要素認証といったセキュリティ設定に加え、個人情報は暗号化することで保護し、取引はAIや専任スタッフが24時間365日体制で監視する。不正利用があった際は、PayPayアカウントの有無にかかわらず全額を補償し、その旨を規約に明記した。

PayPay PayPayの不正防止対策
PayPay 万が一不正利用が起きた際も、全額補償することを規約に明記した

 「キャッシュレス決済の使い方をどこに聞いていいか分からない」という不満を解消すべく、全国のソフトバンクショップでPayPayのユーザーサポートを行っている。10月以降は、ソフトバンク以外のユーザーでもサポートを受けられるようにする。

 加盟店も順調に拡大し、ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパーマーケットの大手はもちろん、地域チェーンや商店街への導入も増えている。

 ユーザーと加盟店に加え、PayPayが重視しているのが「アプリ」だ。中山氏によると、この1年で、PayPayアプリは週に1回以上、計60回以上アップデートしているという。「メニューの可視化、機能の拡充、UIを使いやすくするなどの進化を遂げてきた」と同氏。

PayPay アプリはこの1年で60回以上のアップデートを実施した

 チャージ方法は、セブン銀行ATMやキャリア決済なども対応させ、10月以降は銀行の登録も簡易化する予定。なお、いまだ連携できない三菱UFJ銀行については、「登録できるよう対応を進めている」(PayPay)というが、対応の時期は未定。

PayPay チャージ方法も拡充した。特にセブン銀行ATMは、想定以上使われているという

 ユニークなところでは、9月11日からApple Watchでの決済にも対応したが、「これにとどまらせるつもりはない」と中山氏は話し、「来年(2020年)の今頃は、より使いやすくなっている」とアップデートを予告した。

PayPay Apple WatchからもPayPay決済が使えるようになった

 PayPayは実店舗での決済にとどまらず、オンライン決済、請求書払い、個人間譲渡にも対応するなど、機能を広げている。中山氏は、ヤフーが買収を発表したZOZOの「ZOZOTOWN」でも「(PayPayを)利用できるようにしたい」と意欲を見せた。

 中山氏は、PayPayを単なる決済アプリから、金融・決済にまつわる機能がスマホだけで完結する「スーパーアプリを目指す」と意気込む。ソフトバンクやヤフーとの連携も強化し、PayPay IDでソフトバンクとヤフーのサービスがシームレスに使えるような形も目指す。

PayPay Yahoo!ショッピングやヤフオク!などのオンライン決済や、光熱費や携帯料金などの請求書払いもPayPayから可能に
PayPay さまざまな決済がアプリ1つで可能になる世界を目指す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう