ニュース
» 2019年10月10日 14時00分 公開

目玉は「Galaxy Fold」:「Galaxy」「Xperia」に「AQUOS」も auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表

auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表した。目玉は、日本では独占提供となる「Galaxy Fold」だが、ハイエンドからエントリーモデルまでバランスよく取りそろえていることが特徴だ。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は10月10日、2019年秋冬商戦と2020年春商戦に投入する新端末を発表した。新端末は全てスマートフォンで、合わせて9機種。10月18日から順次発売される。10月11日10時から、全機種の販売予約を受け付ける。

新機種バナー

ハイエンドスマートフォン

 高スペックのハイエンドスマートフォンは、サムスン電子製の「Galaxy Fold SCV44」「Galaxy Note10+ SCV45」、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia 5 SOV41」とシャープ製の「AQUOS zero2 SHV47」の計4機種が投入される。

 注目は、フォルダブル(折りたたみ可能な)Galaxy Fold。国内ではauでのみ取り扱われる。税込みの想定販売価格は24万円程度で、販路も通常のauスマートフォンよりも非常に限られるが、「数量も非常に限られる」(関係者)ので、購入を希望する人は早めに行動することをお勧めする。

ハイエンドスマートフォン ハイエンド機種。左からGalaxy Fold SCV44、Galaxy Note10+ SCV45、Xperia 5 SOV41、AQUOS zero2 SHV47

ミドルレンジスマートフォン/エントリースマートフォン

 エントリークラスおよびミドルレンジのスマートフォンは、サムスン電子製の「Galaxy A20 SCV46」、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia 8 SOV42」、シャープ製の「AQUOS sense3 SHV47」「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」、京セラ製の「BASIO4 KYV47」の計5機種が投入される。

 いずれの機種も価格と性能のバランスに配慮がなされており、税込み価格は2万円台〜5万円台となる見込みだ。

ミドルレンジ、エントリースマートフォン エントリークラスとミドルレンジのスマートフォン。左からGalaxy A20 SCV46、Xperia 8 SOV42、AQUOS sense3 SHV47、AQUOS sense3 plus サウンド SHV46、BASIO4 KYV47

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう