ニュース
» 2019年11月21日 18時44分 公開

ソフトバンク、2画面スマホ「LG G8X ThinQ」を12月6日に発売

ソフトバンクは、12月6日にLGエレクトロニクス製スマートフォン「LG G8X ThinQ」を発売する。専用ケースを使用すると2画面で操作可能となり、容量4000mAhのバッテリーを本体からケースへ給電することもできる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは、12月6日にLGエレクトロニクス製スマートフォン「LG G8X ThinQ」を発売する。価格は税込みで10万円未満の予定。

ソフトバンクのLGエレクトロニクス製スマートフォン「LG G8X ThinQ」ソフトバンクのLGエレクトロニクス製スマートフォン「LG G8X ThinQ」 LGエレクトロニクス製スマートフォン「LG G8X ThinQ」(写真=左)、「LG DualScreen」装着時(写真=右)

 付属の専用ケース「LG DualScreen」を使うと2画面での操作が可能となり、異なるアプリの起動や連結表示などに対応。同社が提供する国内バスケットボールの試合をライブ中継で楽しめるサービス「バスケットLIVE」では試合映像と選手データなどを2画面で楽しめる。

 アウトカメラは1200万画素の標準カメラと1300万画素の超広角カメラのデュアル構成で、インカメラは3200万画素。「ポートレートモード」や高画質の自撮りも可能で、容量4000mAhのバッテリーは本体からケースへ給電することもできる。IPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能(本体のみ)やフルセグにも対応する。

 OSはAndroid 9をプリインストールし、プロセッサはQualcommの「Snapdragon 855(オクタコア/2.9GHz+2.5GHz+1.7GHz)」で、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは64GB。本体と「LG DualScreen」は共にフルHD(1080×2340ピクセル)の約6.4型有機ELとなる。カラーはオーロラブラック。

 11月22〜24日には幕張メッセで開催される「東京コミコン2019」のワーナー ブラザース ジャパンブースで「LG G8X ThinQ」のタッチ&トライを実施。2020年1月31日までにソフトバンクで購入し、2月7日までにメーカーの専用ページから応募すると全員へ5000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」も行う。

「LG G8X ThinQ」の主な仕様
機種名 LG G8X ThinQ
メーカー LGエレクトロニクス
OS Android 9
プロセッサ Snapdragon 855(8コア/2.9GHz+2.5GHz+1.7GHz)
メインメモリ 6GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約6.4型フルHD+ 有機EL(本体と「LG DualScreen」)
解像度 1080×2340ピクセル
連続通話時間 FDD-LTE:約1,400分、AXGP:約1400分、GSM:約1140分
連続待受時間 FDD-LTE:約110時間、AXGP:約110時間、W-CDMA:約110時間、GSM:約110時間
バッテリー容量 4000mAh
アウトカメラ 有効画素数約1200万画素+約1300万画素
インカメラ 有効画素数約3200万画素
ボディーカラー オーロラブラック
サイズ 約76(幅)×160(高さ)×8.4(奥行き)mm
重量 約193g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう