ニュース
» 2019年10月17日 11時00分 公開

ソフトバンクから「LG G8X ThinQ」登場 2画面ケースも付属

LGエレクトロニクスの“外付け”2画面スマホが、ソフトバンクから発売されることになった。日本向けのカスタマイズとして、テレビチューナーとおサイフケータイを搭載している。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは12月上旬以降に、LGエレクトロニクス製スマートフォン「LG G8X ThinQ」を発売する。ボディーカラーはオーロラブラックのみとなる。

LG G8X ThinQ LG G8X ThinQ

 LG G8X ThinQは、9月にグローバル発表された同名スマートフォンのソフトバンク版。本体と同じ有機ELディスプレイを搭載する専用スマホケース「LGデュアルスクリーン」を装着すると2画面スマホとして使えることが特徴だ。

 ソフトバンク向けモデルでは、テレビチューナー(フルセグ/ワンセグ)とおサイフケータイを搭載するカスタマイズが施されている。先述のLGデュアルスクリーンも付属する。

LGデュアルスクリーン 付属のLGデュアルスクリーンを装着すると、2画面スマホとして利用できる

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 855」で、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは64GBを備える。最大512GBのmicroSDも搭載できる。本体とLGデュアルスクリーンのディスプレイは、共にフルHD(1080×2340ピクセル)の約6.4型有機ELとなる。OSはAndroid 9をプリインストールする。

 アウトカメラは1200万画素の標準カメラと1300万画素の超広角カメラのデュアル構成。インカメラは3200万画素となっている。

 バッテリー容量は4000mAhで、外部接続端子はUSB Type-Cとなっている。モバイル通信は下り最大988Mbps、上り最大37.5Mbps(共に理論値)となっている。Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11ac/a/b/g/nに対応し、Bluetooth 5.0も利用できる。

 本体単体のボディーサイズは約76(幅)×160(高さ)×8.4(奥行き)mm、重量は約193g、LGデュアルスクリーン装着時のボディーサイズは約164(幅)×166(高さ)×15(奥行き)mm、重量は約331gとなっている。

 本体にはIPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能を備えているが、LGデュアルスクリーンにはこれらが備わっていないので注意しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10