ニュース
» 2019年12月10日 18時27分 公開

Android向け「NAVITIMEドライブサポーター」に走りやすいルートを提案する「初心者モード」登場

ナビタイムジャパンは、12月10日にAndroid向け「NAVITIMEドライブサポーター」へ「初心者モード」を提供開始。運転が不慣れでも安心して走れるルートを知らせる他、必要な情報が見やすい地図や走行実績振り返り機能などを利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは、12月10日にAndroid向け「NAVITIMEドライブサポーター」に「初心者モード」の提供を開始した。

「NAVITIMEドライブサポーター」へ「初心者モード」を提供開始 「初心者モード」の画面イメージ

 本機能は初心者ドライバーの運転に対する不安を取り除き、安全運転を手厚くサポートすることをコンセプトに専用の機能を開発。運転に不安のあるペーパードライバーや、高齢者ドライバーの安全運転にも役立つとしている。

 道路が狭く交通量の多い都市高速を回避し、運転技術が未熟でも安心して運転できる「初心者」ルートを検索可能。検索時に右左折をなるべく少なくするルートをはじめ、上下線で1車線以下の細い道路、片側3車線以上の道路をなるべく避けるルートも提示する。建物や道路の色数を減らしてシンプルかつ見やすくし、ルート上のアイコンのみを表示して運転に必要な情報が見やすい地図も利用できる。

 「標準モード」で提供している速度超過、事故多発地点、一時停止などを喚起する機能に加え、右左折時や合流時の注意喚起を音声とアイコンで通知。走行ログをもとにドライバーが制限速度違反、一時不停止、踏切不停止、進入禁止・通行禁止道路侵入違反といった道路交通法違反がなかったかを分析し、地図上に注意喚起箇所を表示する走行実績振り返り機能も用意している。

 さらに初心者ドライバーをサポートするため、アプリ内での会員登録時に初心者と判定されると自動車運転免許取得から最大1年間「NAVITIMEドライブサポーター」の全ての機能が無料になる。対象は自動車の第一種免許で、二種免許や二輪車の免許は対象外。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう