速報
» 2019年12月18日 11時58分 公開

過去10年間、世界で最もダウンロードされたアプリは「Facebook」 ゲームは?──App Annie調べ

米アプリ調査会社App Annieが、2010年からの10年間に世界で最もダウンロードされたアプリとゲーム、収益を上げたアプリとゲーム、それぞれのトップ10を発表した。アプリはトップ10本のうち7本がSNSアプリだった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米アプリ調査会社App Annieは12月16日(現地時間)、2010年からの10年間に世界で最もダウンロードされたアプリとゲーム、最も収益を上げたアプリとゲーム、それぞれのトップ10を発表した。

 最もダウンロードされたアプリのランキングの上位4つは、Facebook、Facebook Messenger、WhatsApp 、Instagramと、すべて米Facebookが提供するSNSアプリだった。5位にSnapchat、7位にTikTok、10位にTwitterがランクインし、7本がSNSアプリだった。

 annie 1 2010年〜2019年のアプリダウンロードトップ10(資料:App Annie)

 収益ランキングのトップは動画ストリーミングのNetflix、2位は出会い系アプリのTinder、3位は音楽ストリーミングアプリのPandoraだった。日本のLINEが5位に入っている。

 ゲームのダウンロードでは、トップはデンマークのKilooが手掛けたSubway Surfersというゲーム。2位はActivision BlizzardのCnaydy Crush Saga、3位はImangiのTemple Run 2だった。トップ10に日本製ゲームはランクインしていない。

 ゲームの収益ランキングトップはフィンランドSupercellのClash of Clans、2位はミクシィのMonster Strike、3位はCandy Crush Sagaだった。4位にガンホー・オンライン・エンターテイメントのパズル&ドラゴンズ(パズドラ)が、5位にソニーのFate/Grand Order(FGO)がランクインした。

 annie 2 2010年〜2019年のゲーム収益トップ10(資料:App Annie)

 App Annieによると、2019年のアプリおよびゲームのダウンロード数は前年比で5%増加し、収益は15%増加する見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう