調査リポート
» 2019年12月25日 16時43分 公開

スマホの利用料金は2016年から増加傾向に 大手3キャリアは590円、格安SIMは822円増加

MMD研究所は、12月25日に「大手3キャリア・格安スマホ別 月額料金の推移(2016年〜2019年)」の調査結果を発表した。平均月額料金は大手3キャリア・格安スマホユーザーともに2016年から増加し、大手3キャリアは590円、格安SIMは822円増加している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、12月25日に「大手3キャリア・格安スマホ別 月額料金の推移(2016年〜2019年)」の調査結果を発表した。

 本調査では15歳〜69歳の男女を対象とし、通信会社へ支払っているスマートフォンの月額料金について2016年〜2019年の推移を集計。大手3キャリアユーザーの月額料金は2016年から見てみると「6000円以上8000円未満」「8000円以上1万円未満」が毎年減少している。一方、格安スマホ(格安SIM、MVNO)ユーザーの月額料金は「2000円未満」が毎年減少し、毎月の月額料金が増加傾向にあることが分かった。

MMD研究所の「大手3キャリア・格安スマホ別 月額料金の推移(2016年〜2019年)」
MMD研究所の「大手3キャリア・格安スマホ別 月額料金の推移(2016年〜2019年)」

 次に、通信会社へ支払っているスマートフォンの月額料金の平均を再集計した。大手3キャリアユーザーの平均月額料金は2016年の「7433円」から2018年は「8023円」と590円、格安スマホユーザーの平均月額料金は2016年の「2067円」から2018年は「2889円」と822円増加している。

MMD研究所の「大手3キャリア・格安スマホ別 月額料金の推移(2016年〜2019年)」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10