今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年01月28日 10時09分 公開

auの決済サービスブランドは「au PAY」に アプリやカードの名称を変更

KDDIが、2020年2月4日に「au WALLET」アプリを「au PAY」アプリに名称を変更する。同日以降、au PAYアプリのトップ画面にコード決済用のバーコードを表示する機能を追加する。カードやECサービスなどの名称も変更する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが、2020年2月4日に「au WALLET」アプリを「au PAY」アプリに名称を変更する。

 2月4日以降、au PAYアプリのトップ画面にコード決済用のバーコードを表示する機能を追加し、よりスピーディーに決済できるようにする。2020年3月以降は、公共料金などの請求書の支払いが可能になる。

 今後は、「おつり投資」などの金融サービスを拡充する他、ユーザーの家計や日常生活に関わる入口となる「スーパーアプリ」を目指すとしている。

au PAY au PAYで「スーパーアプリ」を目指す

 また2月以降、auの決済やコマース関連のサービスを、「au PAY」ブランドを冠したサービス名称に順次変更する。変更内容は以下の通り(変更前→変更後)。

  • au WALLET アプリ→au PAY アプリ
  • au WALLET プリペイドカード→au PAY プリペイドカード
  • au WALLET クレジットカード→au PAY カード
  • au WALLET ゴールドカード→au PAY ゴールドカード
  • au WALLET スマートローン→au PAY スマートローン
  • au Wowma!→au PAY マーケット

 名称変更に伴い、au PAY クレジットカード、au PAY カード、au PAY ゴールドカードの券面デザインも変更する。

au PAY 新たな券面デザイン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう