世界を変える5G
ニュース
» 2020年02月12日 04時00分 公開

Samsungが「Galaxy S20」シリーズ発表 S20 Ultraは1億画素カメラ搭載で100倍ズームも可能 (1/2)

サムスン電子が「Galaxy S20」シリーズを発表した。ラインアップは「Galaxy S20」「Galaxy S20+」「Galaxy S20 Ultra」の3機種。最上位モデルのS20 Ultraは1億画素カメラを搭載しており、100倍までの超解像ズームが可能だ。

[石野純也,ITmedia]

 Samsung Electronics(サムスン電子)は2月11日(現地時間)、米カリフォルニア州サンフランシスコで製品発表イベント「Galaxy UNPACKED 2020」を開催。Galaxy Sシリーズのフラグシップモデルにあたる「Galaxy S20」「Galaxy S20+」「Galaxy S20 Ultra」を発表した。

Galaxy S20 Galaxy S20 Ultra、S20+、S20の3機種が発表された

 Galaxy Sシリーズは、これまで世代が新しくなるたびに「S」の後ろに付く番号が1つずつ上がっていったが、Galaxy S20シリーズからは、10の位の数字が更新された。Galaxy S20はトリプルカメラ、S20+とS20 Ultraの2機種は、ToFカメラを含んだクアッドカメラを搭載する。5Gに対応していることも、3機種共通の特徴。Galaxy S10シリーズとは異なり、5G対応モデルが派生機という位置付けではなくなった。

「100倍ズーム」と「1億画素カメラ」搭載の「Galaxy S20 Ultra」

 Galaxy S20 Ultraは、Ultraという名の通り、シリーズの中の最上位モデルという位置付けになる。ディスプレイサイズが最も大きいのはもちろん、特徴的なのはそのカメラだ。同モデルには、超広角、広角(標準)、ズームに加え、被写体との距離を測るToFカメラが搭載されているが、広角には108メガピクセル(約1億画素)の超高画素センサーを採用する。

Galaxy S20
Galaxy S20
Galaxy S20
Galaxy S20
Galaxy S20 最上位モデルに位置付けられたGalaxy S20 Ultra

 ズームカメラは屈曲式レンズを備えており、10倍のハイブリッド光学ズームや100倍までの超解像ズームに対応する。光学的には、超広角カメラが35mm判換算で13mm相当、広角カメラが25mm相当、望遠が103mm相当。倍率は、それぞれ0.5倍、1倍、4倍となる。レンズのF値は超広角側から、F2.2、F1.8、F3.5で、明るさに応じて絞りを可変させる「デュアルアパーチャー」機能は廃止された。画素数が48メガピクセルのため、10倍ズーム時には光学ズームだけでなく、切り出しも併用しているとみられる。

Galaxy S20 台座のようなパーツに納められた4つのカメラ。左側は上から超広角、広角、ズームで、右列にはToFカメラを搭載する
Galaxy S20 超広角カメラの画角
Galaxy S20 広角カメラの画角
Galaxy S20 10倍ズームでは、ここまで被写体に寄れる
Galaxy S20 100倍ズームは、画質が劣化するものの、棚に置かれた端末のロゴまで確認できる

 広角カメラは108メガピクセルと超高画素で、通常撮影時は、9つのピクセルを1つとして利用するという。これによって、画素ピッチを2.4μm相当に拡大。光を取り込める量を増やし、暗所での感度を上げることに利用する。設定で108メガピクセルをそのまま使うモードに切り替えることもでき、この場合、撮った写真は1万2000×9000ピクセルで保存され(通常時は4000×3000ピクセル)、ファイルサイズも大きくなる。

Galaxy S20 広角カメラは、108メガピクセルモードで撮影することもできた

 高倍率ズームの際にはズームカメラに切り替わる仕様だが、108メガピクセルモードで撮った写真も、拡大すればズームのように使用できる。ギャラリーで撮った写真を表示した際には、ワンタッチで表示中のサイズに切り出しができるボタンが表示される。遠くの被写体を撮影する場合、ズームしてもいいし、倍率を変えずに広角カメラのモードを108メガピクセルに変更してもよさそうだ。

Galaxy S20
Galaxy S20 108メガピクセルの写真は非常に高精細なため、後から一部分を拡大して使うことが可能

 カメラのユーザーインタフェースは、Galaxy S10シリーズやGalaxy Note10シリーズでおなじみのスタイルで、画角の異なる3つのカメラを切り替えるボタンが表示される。Galaxy S20では、このズームボタンをタップすると、画面下に倍率表示が出現。最大100倍ズームが可能なGalaxy S20 Ultraの場合、0.5倍、1倍、2倍、4倍、10倍、30倍、100倍と計7つのボタンが並ぶ。ピンチイン、ピンチアウトで細かく倍率を調整することも可能だが、ボタンがあると、片手でも倍率をスムーズに変更できるのがメリットだ。

Galaxy S20 Android 10になったGalaxy Note10+などと同様、画面下に倍率ボタンが並ぶ仕様

 動画撮影は、最大8Kの解像度に対応する。30fpsでの撮影が可能で、共有時には解像度を落とすこともできる。新機能として搭載するのが、「シングルテイク」。その名の通り、一度の撮影で複数のカメラを使って動画を撮影しておき、後からオススメの写真や動画を最大14ショットまで提示する。「取りあえず動画で撮っておきたい」というニーズを満たす機能といえる。

Galaxy S20 動画撮影は、8Kの解像度に対応する
Galaxy S20 シングルテイクで撮ると、シーン判別の結果に基づき、複数の動画や静止画が自動で生成される

 ディスプレイは6.9型で、解像度は1440×3200ピクセルのQuad HD+。リフレッシュレートを120Hzに倍増させており、より滑らかな動きを実現する。ただし、リフレッシュレートを上げると、その分バッテリーの消費が大きくなるため、ユーザー側で60Hzと120Hzのどちらを利用するかは設定することができる。

Galaxy S20 ディスプレイ設定で、リフレッシュレートを120Hzと60Hzの2つから選択できる

 指紋センサーは画面内部に搭載しており、インカメラはカメラ部分だけがくりぬかれた形の「Infinity-Oディスプレイ」。プロセッサにはQualcomm製のSnapdragon 865もしくはSamsung製のExynos 990が採用され、メモリ(RAM)は12GBもしくは16GB。ストレージ(ROM)は128GB、256GB、512GBで、最大1TBのmicroSDメモリカードにも対応する。バッテリー容量は5000mAhだ。サイズは76(幅)×166.9(高さ)×8.8(奥行き)mm、重量は220gとなる。

 通信方式は5Gに対応しており、周波数は6GHz以下のSub-6と、28GHz帯などのミリ波の両方をカバーしている。

Galaxy S20 5Gに対応。Sub-6とミリ波の両方をサポートする
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう