世界を変える5G
ニュース
» 2020年03月23日 10時00分 公開

8Kワイドカメラ搭載「AQUOS R5G」がauから登場 3月27日発売【写真追加】

KDDIが、シャープ製の5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を、2020年3月27日に発売する。大型ディスプレイと8Kワイドカメラを搭載していることが大きな特徴。カラーはアースブルーとオーロラホワイトの2色。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが、シャープ製の5Gスマートフォン「AQUOS R5G SHG01」を、2020年3月27日に発売する。

 AQUOS R5Gは、シャープのフラグシップ「AQUOS R」シリーズの最新モデル。5Gに対応したことに加え、大型ディスプレイと8Kワイドカメラを搭載していることが大きな特徴。カラーはアースブルーとオーロラホワイトの2色。ソフトバンクとドコモも発売を予定しており、現時点では、3キャリアが扱う唯一の5Gスマートフォンとなっている。

 価格(税込み)は12万9145円で、「かえトクプログラム」適用後の負担額は7万4405円。2020年4月30日までにAQUOS R5Gを購入して、5月10日までに専用サイトから応募すると、全員にau PAY残高5000円(不課税)をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。5000円の付与は6月上旬以降の予定。

AQUOS R5G 「AQUOS R5G」のアースブルー
AQUOS R5G オーロラホワイト

 5Gエリアでの通信速度は下り最大3.4Gbps、上り最大183Mbpsだが、こちらは2020年夏頃に提供予定のソフトウェアアップデート後の速度。2020年3月時点での速度は下り最大2.8Gbps。

ディスプレイには約6.5型(1440×3168ピクセル)のPro IGZO液晶を採用しており、10億色の表示にも対応する。最大輝度が1000カンデラと明るく、AQUOS R2比で2倍の輝度を実現。シャープの高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、コンテンツや周辺環境に合わせた画質調整が可能。

 アウトカメラは約1220万画素の標準(広角)カメラ、約4800万画素の超広角カメラ、約1220万画素の望遠カメラと、被写界深度を測定するToFカメラで構成される。焦点距離は標準が26mm、広角が19mm、望遠が52mm(35mm換算)となり、望遠カメラではハイブリッド16倍ズームの撮影が可能。標準カメラと望遠カメラは光学式手ブレ補正にも対応している。

 超広角カメラでは、4320×7680ピクセルの8K解像度で静止画と動画を撮影できる。8Kで撮影した動画から、AIによって人物や動物を自動で認識してズーム再生する「フォーカス再生」機能も用意した。撮影した動画から最適なシーンを抽出して15秒のダイジェスト動画を作成する「AIライブストーリーPro」では、複数のフレームに分けたり、ズームを活用したりできる。インカメラは約1640万画素。

 プロセッサはSnapdragon 865 5G、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GB、バッテリー容量は3730mAh。IP68の防水・防塵(じん)と、おサイフケータイにも対応している。サイズは約75(幅)×162(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量は約189g。

AQUOS R5G
AQUOS R5G
AQUOS R5G
AQUOS R5G
AQUOS R5G
AQUOS R5G

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう