速報
» 2020年04月16日 10時51分 公開

Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力

Fitbitが、スタンフォード大学医学部の新型コロナウイルスの兆候検出アルゴリズムの開発に協力する。このアルゴリズムは、感染症の兆候である心拍数や血中酸素飽和度の上昇を検出し、ユーザーに警告する。米国のFitbitユーザーはアプリから参加を申し込めるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Fitbitは4月15日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症の検出、追跡、阻止を目的とする米スタンフォード大学医学部の取り組みに協力すると発表した。研究グループにスマートウォッチ1000台を寄付する他、Fitbitのウェアラブル製品のアプリにこの取り組みに参加するオプションを追加する。

 Fitbitアプリに4月10日に追加された「COVID-19 Resource」タブから調査への参加を申し込めるようになる見込み(このタブは日本ではまだ表示されない)。

 fitbit 4月10日から一部の国で表示されるよになったFitbitアプリの「COVID-19 Resource」タブ

 一般に、感染症にかかると心拍数や体温が上昇する。ウェアラブル端末の心拍数や皮膚温度、血中酸素飽和度などの測定データを利用して、感染の兆候を検出するアルゴリズムを開発する。

 このアルゴリズムを備えるウェアラブル端末は、心拍数や体温の変化に基づいて感染の可能性をユーザーに警告する。一般に、風邪やインフルエンザを含む感染症にかかっても、重い症状がなければ感染者が気付かずに出歩き、感染を拡大させる恐れがある。警告することで外出自粛を促すことができる。

 スタンフォード大学は、Fitbitを含む5つの異なるブランド(ブランド名は不明)のウェアラブル端末からこの研究のためのデータを収集しているという。

 同大学は8日には、米Appleと協力し、新型コロナ対策アプリを開発したと発表した。こちらはAppleのResearchKitとCareKitを使った、医療従事者向け新型コロナスクリーニングアプリ。米国のApp Storeで公開されている。

 stanford

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう