ニュース
» 2020年04月16日 18時32分 公開

スマホユーザーのMVNO比率は18.9%、50代と70代は減少傾向に ドコモ「モバイル社会研究所」の調査

NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所は、4月16日にスマホ利用者でのMVNO比率について調査結果を発表した。2020年にはスマホ利用者のうち18.9%がMVNOを利用し、50代と70代は前年よりも減少したが若年層などは増加している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所は、4月16日にスマホ利用者でのMVNO比率についての調査結果を発表した。調査対象は全国15〜79歳の男女で、有効回答数は6925。

 2020年はスマートフォン利用者のうち、18.9%がMVNOを利用。2019年と比較すると微増だが、2015年は4%未満だったMVNOの比率は年々増加傾向にある。

モバイル社会研究所 スマホ所有者のうちのMVNO比率

 年代別に見ると、2020年のMVNO平均比率18.9%を超えたのは30代(22.5%)、40代(22.5%)、60代(19.9%)。99%以上がスマホを利用している10代と20代の若年層でもMVNOの比率は増加している。また、2018年から2019年にかけては全年代でMVNO比率は増加していたが、2020年調査では50代(17.8%)と70代(17.7%)は2019年よりもMVNO比率が減少していることが分かった。

モバイル社会研究所 年代別スマホ所有者のうちのMVNO比率

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう