速報
» 2020年07月17日 11時04分 公開

Facebook Messengerアプリのビデオ通話と「Room」に画面共有機能追加

Facebook Messengerのビデオ通話とWeb会議機能「Room」で画面を共有できるようになった。写真やショッピングサイトなどを共有しながら話ができる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは7月16日(現地時間)、メッセージングアプリ「Facebook Messenger」の動画チャットとWeb会議機能「Messenger Room」で、画面共有を可能にしたと発表した。本稿筆者のAndroidアプリでも利用が確認できた。

 screen 動画チャットでの画面共有開始

 動画チャット画面を上にスクロールすると「画面を共有」ボタンが表示されるのでこれをタップすると、画面共有したい他のアプリを開くよう促される。「フォト」アプリの写真やニュースアプリのニュース記事、ショッピングサイトの買いたい商品など、「事実上何でも共有できる」。

 screen 2 Instagram、ショッピングサイト、レシピ動画などを共有

 動画チャットでは最大8人で、Roomの場合は最大16人で画面を共有できる。Roomでは間もなく、50人で共有できるようになり、画面共有できるメンバーを制御する機能も追加する予定。Web会議への侵入者が不適切な画像を共有するいわゆる「Zoombombing」を回避するためだ。

 Messenger Roomでの画面共有はこれまで、Webアプリとデスクトップでのみ可能だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう