「arrows Be F-04K」がOSバージョンアップ Android 10に

» 2020年07月27日 16時05分 公開
[井上翔ITmedia]

 NTTドコモは7月27日、富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン「arrows Be F-04K」に対するOSバージョンアップサービスを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 10」となる。なお、同機種におけるOSバージョンアップは2度目となる。

バナー

バージョンアップの概要

 Android 10にバージョンアップすると、アプリからの位置情報取得に関する機能強化(アプリの使用中のみ取得を許可する設定の追加)が利用可能になる。この機種については、同OSの新機能である「ダークテーマ」や「ジェスチャーナビゲーション」には対応しない

 その他、以下の機能改善や仕様変更が行われる。

  • Wi-Fi(無線LAN)接続時のアイコンの変更(※)
  • QRコードでWi-Fi接続を設定する機能の追加(自ら表示して共有することも可能)
  • 電源メニューから「緊急通報」が可能に
  • 「共有ツール」のUI(ユーザーインタフェース)の変更
  • 「ファイル」アプリのUIの変更
  • 「設定」の一部項目名の変更
  • 「ドコモ電話帳」の一部ウィジェットの廃止(マイプロフィール、連絡先検索、連絡先登録)
  • 「Androidビーム」の非対応化
  • 顔認証の非対応化
  • 「クラウドプリントサービス」の削除
  • セキュリティパッチの更新(2020年6月)

(※)Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)接続時は「5」、Wi-Fi 4(IEEE 802.11n)接続時は「4」がアイコンに追加される

Wi-Fi追加イメージ QRコードを読み込んでWi-Fiアクセスポイントを登録する機能を追加した(画像はイメージ)

バージョンアップ方法

 OSバージョンアップは、端末単体で行う。Xi(LTE)またはFOMA(W-CDMA)ネットワークでダウンロードする場合、パケット通信料金はかからない。ただし、「spモード」を契約したドコモ純正回線が必要となる。spモードを契約していないドコモ純正回線、あるいはMVNOを含む他社回線を利用している場合はWi-Fiを使ってデータをダウンロードできる。

 バージョンアップは通知、または端末設定の「ソフトウェアアップデート」から開始できる。バージョンアップ用データを一時的に保存をするため、内蔵ストレージに1.5GBの空き容量を確保しておく必要がある。所要時間は約39分だが、ダウンロードする回線や端末の状況によっては時間が前後する場合がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  2. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  3. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  4. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  7. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  8. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  9. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年