トランスフォーマーとコラボした「Vivo iQoo 3 5G」特別モデル スペックも申し分なし山根康宏の海外モバイル探訪記

» 2020年08月14日 12時44分 公開
[山根康宏ITmedia]

 海外の有名キャラクターとコラボしたスマホをVivoが出しています。トランスフォーマーデザインを採用した「Vivo iQoo 3 5G」の特別バージョンです。iQoo 3は以前紹介しましたが、Snapdragon 865に6.47型、1080×2400ピクセルのディスプレイを搭載、最上位モデルはメモリ12GBにストレージ256GBというぜいたくな構成です。

Vivo iQoo 3 5G 「Vivo iQoo 3 5G」のトランスフォーマー特別版

 トランスフォーマーモデルはその最上位モデルと同じメモリを搭載。価格は3698元(約5万5000円)です。この手のコラボモデルとしてはOPPO「Ace 2」のエヴァンゲリオン版があり、中国でもかなりの高値で転売されています。しかしiQoo 3 5Gのトランスフォーマーモデルはそこまでのレア感はないことからか、定価での入手もできるようです。

Vivo iQoo 3 5G ゲーミングスマホにトランスフォーマーのイメージはよく似合う

 OSはAndroid 10ベースの「iQOO UI」を搭載。同じVivoでも他のモデルは「Funtouch OS」を採用しますが、iQooはゲームに特化したモデルということでさらにカスタマイズを加えたUI(ユーザーインタフェース)を搭載しています。トランスフォーマーモデルはアイコンをトランスフォーマー風にしており、見た目だけでもかなり満足できそうですね。

Vivo iQoo 3 5G トランスフォーマーを意識したアイコンデザイン。壁紙ももちろんトランスフォーマーだ

 iQoo 3 5Gは本体側面にゲームコントロール用のソフトキーを2つ搭載しているのも大きな特徴です。電源キーがオレンジ色なのはiQoo 3 5Gのノーマルモデルと同じです。

Vivo iQoo 3 5G 側面にはゲーム用のソフトキーを上下に備える

 背面デザインは一目でトランスフォーマーと分かる仕上げになっています。カーボンに見えますが、これはフィルムによる仕上げで、背面はガラスに覆われています。iQooのアイコンは本体中央下部に位置し、他のモデルと場所を変えているのも特徴。そして中央で大きな存在感を放つAutobotのエンブレム表示も見逃せません。

Vivo iQoo 3 5G カーボン風の背面仕上げにAutobotエンブレムを大きく配置
Vivo iQoo 3 5G こちらは標準モデルの背面仕上げ。デザインは大きく異なる

 カメラ周りもゴールドをエッジに入れることでメタリック感を強めた仕上げになっています。カメラスペックの表記も金の文字。左右に分かれる境界線のラインも仕上げを変えるなどして、トランスフォーマーっぽさを強調しています。

Vivo iQoo 3 5G ゴールドとブラックのツートンカラー仕上げのカメラ周り

 iQoo 3 5Gにトランスフォーマーモデルを追加したのは、ゲーミングスマートフォンとしてVivoとは別ラインであることを大きくアピールしたいからでしょう。できれば今後もSF系のキャラクターとのコラボを続けてほしいものです。ゆくゆくはキャラクターモデルで日本に上陸、なんて夢も見たいものですね。

Vivo iQoo 3 5G トランスフォーマーの存在がiQooのブランド認知度を高めそう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  8. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年