5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年09月23日 15時33分 公開

KDDIとサムスン、5GのSA構成でネットワークスライシングの実証実験

KDDIはサムスン電子と協力し、5Gのスタンドアローン構成で品質保証や複数通信を同時にエンド・ツー・エンド(E2E)で実現するネットワークスライシングの実証実験に成功した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、9月23日にサムスン電子の協力のもと、5Gのスタンドアローン(SA)構成で複数の通信を同時にエンド・ツー・エンド(E2E)で実現するネットワークスライシングの実証実験について発表した。

KDDI 実証実験イメージ

 KDDIが提供している5Gは、4Gと連携してサービスを実現するノンスタンドアローン(NSA)構成を採用しているが、ネットワークスライシングなど5Gの特徴を引き出せるよう、2020年2月に5G SA構成の5Gコアネットワークでネットワークスライシングの動作検証に成功した。

 一方、5G SAでは将来的に利用目的ごとに異なる用途やニーズへ合わせた通信機能の提供ができるE2Eネットワークスライシングの導入が期待されている。そこでKDDIはサムスン電子の協力のもと、あらかじめ定めた通信品質を提供する新たな制御機能を実験用の基地局ネットワーク(RAN)に実装した。

 さらに5G SA対応の通信端末、5Gコアネットワーク、MEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)を連携させ、通信が混雑する状況下でもE2Eで品質保証や低遅延などのネットワークスライスを複数・同時に生成することに世界で初めて(サムスン調べ)成功したという。

 これまでE2Eでは、複数の異なる通信品質を保証するネットワークスライスを提供する技術的な手法は確立されていなかった。KDDIはO-RAN Alliance(5G通信規格の国際標準化団体)において、ネットワークスライシング実現に向けた標準化を目指し、本実証実験の成果をもとにO-RAN Allianceの検討促進に寄与するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう