5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年10月16日 16時30分 公開

富士通、Android搭載のローカル5G対応スマートデバイスを開発

富士通コネクテッドテクノロジーズは、ネットワーク検証や実証実験に対応したローカル5G対応スマートデバイスを開発。ミリ波とSub-6、NSA方式とSA方式の両構成に対応したスマートフォンタイプの端末で、Android OSを搭載する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 富士通コネクテッドテクノロジーズは、10月16日にローカル5G対応スマートデバイスの開発について発表した。ネットワーク検証や実証実験用として10月末から提供を開始する。

富士通 ローカル5G対応スマートデバイス

 本製品はQualcommとの協業で開発した5Gスマートフォンのリファレンスデザインを活用し、ミリ波とSub-6、Non Stand Alone(NSA)方式とSA(Stand Alone)方式の両構成に対応。ローカル5Gの周波数として2019年12月に制度化された「28.2-28.3GHz」に加え、今後検討されている「28.3-29.1GHz」「4.6-4.9GHz」にも対応する。

 4K撮影対応のカメラやGPS、マイク、加速度などの各種センサーを搭載。Android OSを搭載しているため、独自に検証用アプリを開発することもできる。プロセッサにはSnapdragon 865を採用し、Wi-Fi6、Bluetooth、USBホストでさまざまな機器を追加・制御可能だ。

 ネットワーク状態可視化ツールとして、製品上で動作可能なLTEや5G(Sub-6/ミリ波)の無線情報リアルタイム表示機能、位置情報を含む無線情報の時系列ログ保存機能、スループットの測定と測定ログの保存機能、シグナリングのシーケンスログ出力機能を利用できる。サイズは約76(幅)×164(高さ)×7.7(奥行き)mm、重量は約171g。ディスプレイは6.7型(1440×3120ピクセル)の有機ELでバッテリーは4070mAh。

富士通 ネットワーク状態可視化ツールの画面イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう