ニュース
» 2020年11月13日 14時50分 公開

ドコモ、iOS 14でRFC違反のメール送信が不可に プロファイル更新などで解消

NTTドコモは、iOS14以降にRFC違反のメールアドレスを設定するとドコモメール(@docomo.ne.jp)を送信できなくなる事象を確認。メールアドレスを変更する、または「プロファイルの更新を行う」で解消される

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、iOS 14へのアップデート後に一部のドコモメール(@docomo.ne.jp)が送信できなくなる事象について案内している。

NTTドコモ iOS14アップデート後、メール送信不可となる事象

 対象は、アドレス内に2連続のドット「..」が含まれている、アットマーク前にドット「.@」が含まれているといった国際標準「RFC」に違反しているもの。メールアドレスを変更する、またはWebサイトから「プロファイルの更新」を行うことで解消されるという。

 なお、iOS 14未満/iモード/Android端末に影響はなく、iOS 13以下の場合も変更などの必要はない。更新後は受信者のメールアドレスがアプリにより「abc.@docomo.ne.jp」から「"abc."@docomo.ne.jp」のように変わって見えるようになり、相手の迷惑メールの設定により届かない可能性があるとしている。

 なお、プロファイルのダウンロードにはdアカウント利用設定を「利用する」に設定する必要があり、Wi-Fiをオフにして「My docomo(お客様サポート)トップ」→「メール設定」→「メール設定(迷惑メール/SMS対策など)」→「dアカウント利用設定の確認/変更」で行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう