ニュース
» 2020年11月13日 16時00分 公開

「ドコモ ドライバーズサポート」提供開始 クラウド連携で安全運転を支援

NTTドコモは、11月18日から利用者の安全運転をサポートする「ドコモ ドライバーズサポート」を提供開始。同日から、eSIMを内蔵の専用通信型ドライブレコーダー「ドコモドライブレコーダー DDR01」を全国のドコモショップで販売する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、11月18日に利用者の安全運転をサポートする「ドコモ ドライバーズサポート」を提供開始する。

NTTドコモ 「ドコモ ドライバーズサポート」イメージ

 本サービスではeSIMを内蔵した通信型ドライブレコーダーとアプリ、クラウドを連携。ドライブレコーダーが一定の衝撃を検知する、または緊急通知ボタンを押した際に自動で位置情報と動画をクラウドへ保存し、登録先のアプリ(ドライブレコーダー1台につき最大10人)へ通知する。車のエンジンを切っていても最長24時間の駐車監視が可能で、駐車中に衝撃を検知した場合も自動録画してクラウドへの保存とアプリへの通知を行う。

 急アクセル、急ブレーキ、急ハンドルを検知すると、ドライブレコーダー上の表示と音声メッセージで通知。位置情報と日時も記録するため、利用者自身や家族の運転状況を確認することもできる。

NTTドコモ アプリの画面イメージ

 利用料金はサービスの月額使用料300円(税別、以下同)と、専用の通信料金プランが必要。通信料金プランは「定期契約あり(限定2年契約)」が月額400円、「定期契約なし」が月額800円で、利用可能なデータ量は月500MBまで。

 また、同日から本サービス専用の通信型ドライブレコーダー「ドコモドライブレコーダー DDR01」を全国のドコモショップで販売。バッテリー付きシガーソケットケーブルを接続して利用できるため、電源工事は不要。付属のバッテリーで24時間駐車監視機能を利用できるため、車のバッテリーに悪影響を与えない。

 ディスプレイは約2.95型のフルカラーTFT液晶で、400万画素CMOSセンサーやHDRを搭載する。サイズは約101(幅)×65(高さ)×46.5(奥行き)mm、重量は約190g。大手ECサイトやカー用品店などにも販売チャネルを順次拡大する予定だ。

NTTドコモ 通信型ドライブレコーダー「ドコモドライブレコーダー DDR01」

 サービス提供に合わせ、体験モニターを200人募集するキャンペーンを開催。応募期間は11月13日〜11月30日、モニター利用期間は12月中旬〜2021年3月31日となる。応募条件は応募時点で20歳以上であり、サービスの契約が可能で「運転傾向のレポート」を積極的に実践できる、期間中の利用を継続できる、アンケートへの協力などを満たすユーザー。応募受付は「ドコモ ドライバーズサポート紹介サイト」内で行う。

NTTドコモ 体験モニター募集キャンペーン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10