ニュース
» 2020年12月16日 16時04分 公開

App Town ナビゲーション:カーナビタイムの「ドライブレコーダー」がアウト/インカメラの同時録画に対応

ナビタイムジャパンの提供するiOS向けカーナビアプリ「カーナビタイム」の「ドライブレコーダー」機能が、スマートフォンのアウト/インカメラ同時録画に対応した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは、12月16日にiOS向けカーナビアプリ「カーナビタイム」で提供している「ドライブレコーダー」機能を拡充した。

カーナビタイム サービスイメージ

 本機能は衝撃を検知した際に自動で録画するほか、手動録画、ループ録画(常時録画)、走行時の地図と合わせた再生機能などを利用可能。これまでスマートフォンのアウト/インカメラどちらかのみでしか録画できなかったが、両面のカメラで同時に手動録画・衝撃検知(自動録画)できるようになった。

 また、アウト/インのカメラで記録した2つの動画と地図を並べて確認することもできる。対応機種はiOS 13.0以降のiPhone XR/iPhone 11以降。

 この他、カーナビタイムでは、スマートフォンホルダーが25%オフの2980円(税込み)で購入できる「スマートフォンホルダーが割引になる安全運転支援キャンペーン」を12月31日まで実施している。

カーナビタイム スマートフォンホルダーが割引になる安全運転支援キャンペーン
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう