ニュース
» 2020年12月17日 18時24分 公開

ソフトバンクが産業向けドローンを開発 LTE内蔵で高度測位サービスに対応

ソフトバンクと双葉電子工業は、共同開発していた産業向けドローンのプロトタイプ製作について発表。LTE対応の通信モジュールを搭載している他、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」に対応する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクと双葉電子工業は、12月17日に産業向けドローンのプロトタイプ製作について発表した。

ソフトバンク 産業向けドローン(プロトタイプ)

 両社は2020年9月から、橋や鉄塔、建設現場などでの点検をはじめ測量や災害支援などの活用を想定した産業向けドローンを共同開発。双葉電子の産業用ドローンをベースとし、LTE対応の通信モジュールで空撮した画像や映像をリアルタイムにクラウドへ送信できる。機体のテレメトリー情報(機体の位置情報やバッテリー残量など)もリアルタイムに送信可能だ。

 また、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」に対応。LTEの利用で遠隔地から誤差数センチメートルの精度で飛行制御でき、風速15メートル毎秒の環境下でも安定した飛行を実現する。ドローンで空撮した画像の位置情報も高い精度で測定できるため、自動飛行や自動撮影などに対応した法人向けドローンサービス「SoraSolution」でも、より高精度の結果を自動で算出可能になるという。

 今後、両社は2020年度から2021年度にかけて機能改良のための実証実験を行い、SoraSolutionのサービスラインアップへ追加する予定。機体側でAI解析を行い、GPSなどの測位衛星の信号が届かない環境でも完全自動飛行ができるドローンや、5Gの実装も視野に入れた研究開発を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう