ニュース
» 2019年06月03日 19時34分 公開

ソフトバンク、基地局を活用した誤差数センチの測位サービスを11月に開始

ソフトバンクは、11月末から法人向けに誤差数センチで測位が可能なサービスを提供開始。自社の基地局の設置場所を活用し、RTK測位に必要となる独自基準点(固定局)を全国3300カ所以上に設置する。提供開始に先駆け、ヤンマーアグリ、鹿島建設、SBドライブと連携し、各産業での実用化に向けた共同実証を7月から順次行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは、11月末から誤差数センチで測位が可能な法人向けサービスを全国で提供開始する。

Photo サービスイメージ

 本サービスでは準天頂衛星「みちびき」などの測位衛星技術(GNSS)から受信した信号を利用し、固定局・移動局の2点間をリアルタイムに情報をやりとりして高精度な測位を可能にする「RTK測位」を実施。同社の基地局を活用し、RTK測位に必要となる独自基準点(固定局)を全国3300カ所以上に設置するため、ソフトバンクの携帯電話が使えるエリアで安価かつ手軽に利用できるとしている。

 具体的には独自基準点が受信した信号をもとに、ALESが提供する「測位コアシステム」で補正情報を生成。同社ののモバイルネットワークを通じ、農機、建機、自動運転車、ドローンなどに搭載されたGNSS受信機(移動局)へ補正情報を配信する。この補正情報とGNSS受信機が受信した信号を活用してRTK測位を行うことで、誤差数センチの高精度な測位がリアルタイムで行えるとしている。

 提供開始に先駆け、7月からヤンマーアグリ、鹿島建設、SBドライブと連携し、各産業での実用化に向けた共同実証を順次実施。ヤンマーアグリは農機の自動運転と運転アシスト、鹿島建設はドローンの自動制御を用いた建設現場管理、SBドライブはバスなどの自動運転と運転アシストを行う。

PhotoPhotoPhoto 共同実証の活用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう