ニュース
» 2020年12月23日 17時22分 公開

スマホブラウザの「Smooz」がサービス終了 閲覧情報や検索履歴を意図せず送信

アスツールは12月23日、スマートフォン向けブラウザアプリ「Smooz(スムーズ)」のサービス終了を告知した。Smoozでは、閲覧したページや操作などの行動履歴、検索した単語などのデータを収集している。これらのデータ送信が、プライベートモードの利用時や、データの提供をオフにしているときも止まっていなかったことが判明した。

[田中聡,ITmedia]

 アスツールは12月23日、スマートフォン向けブラウザアプリ「Smooz(スムーズ)」のサービス終了を告知した。

Smooz スマホ向けブラウザアプリ「Smooz」

 Smoozでは、記事をレコメンドするために、閲覧したページや操作などの行動履歴、検索した単語などのデータを収集しているが、プライベートモードの利用時や、データの提供をオフにしているときは、サーバへのデータ送信は停止する設計としていた。

 しかし実際には一部の情報送信が止まっていないことが判明した。具体的には、ネットワーク広告SDKの動作が停止しておらず、検索連動広告を表示させるためのAPIが呼ばれていた。これらはチェックの漏れによって発生していたという。

 データ送信の不具合を解消した修正版を12月20日にリリースしたが、ユーザーの指摘により新たな問題が見つかったため、同日にApp StoreとGoogle PlayでSmoozの配信を停止した。

 Smoozでは、検索回数に応じて、楽天ポイントやAmazonギフト券と交換できる「Smoozポイント」を付与していた。検索時にはGoogleの「Programmable Search」というシステムで収益化を図っており、有効ではない検索単語かどうかをチェックするために、自社サーバに検索単語を送信していたという。この処理をアプリ側で行うよう年内に改修する予定だった。

 アスツールは状況確認や対策を進めてきたが、Smoozの提供を継続することは困難との結論に至り、12月23日にサービスを終了することとした。

 プレミアム会員の12月分からの利用料金は返金する他、保有しているSmoozポイントは、交換対応する。これまでに収集したユーザー情報は、返金に必要な情報以外は全て削除が完了しており、返金対応が完了次第、全ての情報を削除する。収集したデータの悪用や個人情報の流出は、現在のところ確認されていないとしている。

Smooz アスツールの告知

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう