世界を変える5G
ニュース
» 2021年02月15日 11時40分 公開

ソフトバンクがLTE用帯域を「5G」でも利用 700MHz、1.7GHz、3.4GHzの3帯域エリアマップではしっかり区別

ソフトバンクが、SoftBank 4G LTEサービスで利用している電波帯域のうち、700MHz、1.7GHz、3.4GHzの3帯域を順次SoftBank 5Gでも利用することを発表した。これらの帯域での5G通信には、端末のソフトウェア更新が必要となる。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは2月15日から、700MHz、1.7GHz、3.4GHzの各帯域を利用した5G通信サービスを開始した。千葉県、東京都、愛知県の一部エリアを皮切りに、順次提供を開始する。これらの帯域を使った5G通信を行うには、端末のソフトウェア更新が必要となる。

新たに加わる帯域の概要

 今回5G通信サービスを開始した帯域は、従来「SoftBank 4G LTE」用に利用していた帯域となる。

 これらの帯域は、5G通信用に新規に割り当てを受けた3.7GHz帯(Sub-6)や28GHz帯(ミリ波)の電波と比べると、エリアを広げやすいというメリットがある。その反面、帯域幅が狭いため通信速度の面で不利となる。

 ソフトバンクでも、これらの帯域を使った5Gの通信速度は「SoftBank 4GまたはSoftBank 4G LTEと同等」と告知している。また、同社がサービスエリアマップでも、既存の帯域とは区別して表示される。

エリア展開 LTE用の一部周波数帯を5Gに転用することによって、エリアの拡大を急ぐ
サービスマップ サービスエリアマップでは、3.7GHz帯や28GHz帯のエリアとは別の区分で表示される。通信速度も4G/4G LTEと同等であることも明記されている

既存端末のソフトウェア更新

 700MHz、1.7GHz、3.4GHzの各帯域を利用した5G通信サービスは、既存のSoftBank 5G端末でもソフトウェア更新を行うことで利用可能だ。更新の予定時期は以下の通り。

2月15日(サービス開始日)

  • Xperia 5 II

2月18日

  • AQUOS sense5G

3月以降順次

  • AQUOS R5G
  • LG V60 ThinQ 5G(※)

(※)1.7GHz帯への対応については時期未定

4月以降順次

  • AQUOS zero5G basic
  • OPPO Reno3 5G
  • Pocket WiFi 5G A004ZT
  • Google Pixel 4a (5G)
  • Google Pixel 5
  • Redmi Note 9T

順次対応予定(時期未定)

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう