ニュース
» 2021年04月14日 17時00分 公開

スマホ比率、2010年の約4%から92.8%へ ドコモ「モバイル社会研究所」が調査

NTTドコモのモバイル社会研究所が、スマートフォン・ケータイ所有に関する動向を調査。日本国内のマートフォン比率は年々増加し、2010年は約4%だったが2021年には92.8%となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモのモバイル社会研究所は、4月14日にスマートフォン・ケータイ所有に関する動向調査の結果を発表した。調査対象は全国の15〜79歳の男女で、有効回答数は8837。

 2021年1月の調査によると、日本国内のスマートフォン・ケータイ所有者のうちスマートフォン比率が92.8%に。2010年は4%程度だったが2015年に5割、2019年に8割、2021年に9割を突破。ここ10年でスマートフォンが急速に普及したことがうかがえる。

モバイル社会研究所 ケータイ・スマートフォン所有者のうちのスマートフォン比率

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう