速報
» 2021年04月20日 13時04分 公開

ガンダム、エヴァ、パックマン──モバイル版Google検索結果のAR表示に日本の人気キャラが大集合

モバイル版Google検索で「エヴァンゲリオン」や「ガンダム」を検索すると、キャラクターを3D表示でき、さらにARにして部屋の中に立たせることができるようになった。日本の人気キャラ14種を楽しめる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの日本法人は4月20日、同日からモバイル版Google検索のAR機能に、ガンダムやエヴァンゲリオンなど日本でおなじみの14種類のキャラクターを追加したと発表した。

 ar 1 ガンダム

 スマートフォンでキャラクター名を検索すると、「3D 表示」ボタンが表示されるので、これをタップする。まずキャラクターが検索結果に3Dで表示され、「周囲のスペースに表示する」をタップすると、カメラに映った周囲にキャラクターを表示できる。

 ar 1 エヴァンゲリオンを部屋の中に立たせてみた

 「実物大で表示」をタップすると、例えばエヴァンゲリオンの場合は巨大になりすぎ、部屋の中だと天井を突き抜けてしまう。

 今回表示できるようになったキャラクターは以下の通り。

  • ウルトラマン
  • ウルトラマンゼロ
  • ウルトラマンベリアル
  • ゴモラ
  • エヴァンゲリオン(エヴァンゲリオン初号機)
  • ガンダム(オデュッセウスガンダム、クスィーガンダム、ペーネロペー)
  • こぎみゅん
  • 太鼓の達人
  • パックマン
  • ハローキティ
  • ポムポムプリン
  • リトルツインスターズ

 Androidだけでなく、iOS端末でもGoogleアプリ、Chromeブラウザ、SafariブラウザのGoogle.comで表示できる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう