世界を変える5G
ニュース
» 2021年04月27日 14時30分 公開

ソフトバンクが「5G国際ローミング」の提供を開始 韓国SK Telecomの5Gエリアから

ソフトバンクが、国内キャリアとしては初めて5Gのローミングアウト(海外での5G通信サービスの利用)に対応する。まずは、韓国SK Telecomの5Gエリアの一部で、iPhone 12シリーズから対応を始める。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは4月27日から、SoftBank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル)、LINEMO(ラインモ)の3ブランドにおいて、5G国際ローミングサービスの提供を開始した。3ブランドの5G対応プランの契約者は、海外の提携キャリアの5Gエリアにおいて5G通信を利用できるようになる。

 5G通信サービスにおける国際ローミングは、NTTドコモがローミングインサービス(海外キャリアユーザーの受け入れ)を既に開始しているが、ローミングアウトサービスの提供は国内キャリアとしては初めてとなる。

対応エリアと対応端末

 4月27日現在、5G国際ローミングサービスは、韓国SK Telecomの5Gエリアの一部でのみ利用できる。また、対応端末もiPhone 12シリーズ(iOS 14.5以降)のみとなる。今後、対応する国/地域や端末は、順次拡充するという。

 5G国際ローミングサービスでの通信分は、3ブランド共通で提供されている「海外パケットし放題」(1日当たり0〜1980円または2980円:非課税)の対象となる。

海外パケットし放題 海外パケットし放題も利用できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう