ニュース
» 2021年06月10日 13時04分 公開

ソニー、LDAC対応の完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」発表 ノイキャン性能も進化

ソニーは、ノイズキャンセリング性能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」を発売。独自開発したプラスチック全廃の包装パッケージを実現している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーは、6月25日にBluetooth対応完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」を発売する。ソニーストアでの価格は3万3000円(税込み)。

ソニー 「WF-1000XM4」のブラック
ソニー 「WF-1000XM4」のプラチナシルバー

 本製品は信号処理能力を向上させたノイズキャンセリングプロセッサーとBluetoothオーディオSoCを統合した「統合プロセッサーV1」を搭載。ヘッドフォンの外側と内側に配置した2つのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」や6mmドライバーユニット、遮音性が向上した独自のノイズアイソレーションイヤーピースにより、低遅延でのノイズキャンセリングを実現したという。本機のノイズキャンセリング性能について、ソニーは業界最高クラスをうたう(JEITA基準、完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドフォン市場において)。

ソニー ノイズキャンセリング性能

 同社として初の高音質コーデックLDACに対応し、再生中の楽曲のタイプをAIが自動判別して最適に復元する高音質技術「DSEE Extreme」も搭載。口元への指向性を高めたマイクと、発話時の骨伝導音を検知する骨振動センサーを制御して音声通話が行える。

 ユーザーの会話に合わせてノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を切り替える「高精度ボイスピックアップテクノロジー」、専用アプリ「Sony | Headphones Connect」をインストールした端末の各種センサーでノイズキャンセリング機能を最適に設定する「アダプティブサウンドコントロール」も利用可能。本体のみで8時間、付属のケースの併用で合計24時間の音楽再生に対応し、5分間の充電で60分再生できる急速充電も可能だ。カラーはブラックとプラチナシルバー。

 包装パッケージには竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とする独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを使用し、同社初のプラスチックを全廃した包装を実現。今後も環境に配慮したパッケージに切り替えていく。

ソニー パッケージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう