世界を変える5G
ニュース
» 2021年06月24日 17時30分 公開

iPhone版「Rakuten Link」アプリの仕様変更日が“未定”に 準備が整い次第改めて告知

当初は6月15日に行われる予定だったiPhone版「Rakuten Link」アプリの仕様変更。それが6月24日に延期され、その当日にさらなる延期が決定した。仕様変更日は、準備が整い次第改めて告知される。

[井上翔,ITmedia]

 楽天モバイルは6月24日、iPhone(iOS)版の「Rakuten Link」で予定していた仕様変更について、「正式な日程が決まり次第告知する」と発表した。事実上の仕様変更の延期により、当面の間はiPhoneでもAndroidスマートフォンと同様の条件で利用できることになる。

Rakuten Linkアプリ

仕様変更の概要(おさらい)

 楽天モバイルでは当初、6月15日からiPhone版Rakuten Linkアプリと料金の仕様を以下の通り変更する予定だった。

  • Rakuten Linkアプリを使っていない電話番号とのやりとりを「電話の発信」に限定(他のやりとりはiOS標準の「電話」「メッセージ」アプリを利用)
  • 海外滞在中に掛かってきたRakuten Linkアプリ以外からの電話には「着信料金」が必要に
  • Rakuten Linkアプリ以外へのSMSの送信が完全有料に

 従来は、全ての通話やSMSのやりとりをRakuten Linkアプリで賄えたが、仕様変更によりRakuten Linkアプリは、ほぼRakuten Linkユーザーとのやりとり専用になる。

仕様変更 仕様変更で、Rakuten Linkを使っていない電話番号とのやりとりは「アプリを使った電話の発信」に限られることになる(Webサイトの告知より加工して掲載)

海外でiOS標準アプリが使えるようになり次第仕様変更か?

 仕様変更後、Rakuten Linkアプリで利用できなくなるコミュニケーションはiOS標準のアプリを使って行うことになる。しかし、楽天モバイル回線には海外でiOS標準アプリを使った電話やSMSのやりとりを行えないという問題がある。

 仕様変更は、この問題の解消後に実施されるものと思われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう