ニュース
» 2021年06月30日 11時45分 公開

ソフトバンクが7月上旬から富士山頂で「SoftBank 5G」を提供 登山シーズン中

ソフトバンクは、7月上旬から富士山頂や山小屋における携帯電話のエリア化を行う。2021年は、富士山頂の一部エリアで「SoftBank 5G」を提供する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは6月30日、7月上旬から8月下旬における富士山の携帯電話エリア対策について発表した。今年(2021年)は、山頂付近の一部で「SoftBank 5G」を利用できるようにする。

ソフトバンク エリアと提供期間

 富士山のエリア化は、山頂や山小屋などに通信設備を臨時設置することで実施する。従来は「SoftBank 4G LTE」でエリア化していたが、今年は富士山頂付近の一部でSoftBank 5Gの通信設備も臨時設置することで、より大容量の通信を利用できる。

 なお、主要な登山口や登山道(富士宮口、須走口、御殿場口、吉田口)は、通年SoftBank 4G LTEによるエリア化が実施されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう