連載
» 2021年07月10日 10時30分 公開

「iOS 15」パブリックβ版を試す Zoom対抗の新「FaceTime」や新機能「集中モード」の使い勝手は?石野純也のMobile Eye(1/3 ページ)

7月1日に配信された「iOS 15」のパブリックβ版を試す。iOS 15は、シーンにごとに合わせた通知の制限を可能にする「集中モード」や、WindowsやAndroidを使うユーザーとのやりとりが可能になったFaceTime、ユーザーインタフェースを刷新したSafariが目玉。メモアプリの改善やメールのプライバシー保護の強化、デバイス上で完結するSiriなどもiOS 15の新機能だ。

[石野純也,ITmedia]

 7月1日に、「iOS 15」のパブリックβ版の配信が始まった。あくまでβ版ではあるものの、パブリックと銘打っているように、開発者だけでなく、一般のユーザーも簡単な登録作業を済ませるだけで、手持ちのiPhoneにインストールしてiOS 15を先行的に利用できる。Appleに対してフィードバックを送ることも可能だ。β版ゆえにバグも残っているため、万人にオススメすることはできないが、機種変更前のiPhoneが手元にあったり、予備のiPhoneを持っていたりする人が試してみるのはいいだろう。

 iOS 15は、シーンにごとに合わせた通知の制限を可能にする「集中モード」や、WindowsやAndroidを使うユーザーとのやりとりが可能になったFaceTime、ユーザーインタフェースを刷新したSafariが目玉といっていいだろう。他にも、メモアプリの改善やメールのプライバシー保護の強化、デバイス上で完結するSiriなどもiOS 15の新機能だ。こうした新機能は実際にどういうふうに使えるのかを紹介していきたい。なお、本来パブリックβ版は画面の公開が禁止されているが、本稿では取材に基づく特別な許可を得た上で掲載している。

iOS 15 iOS 15のパブリックβ版が登場した。簡単な登録作業を済ますだけで、インストールできる

AndroidやWindowsのユーザーとも会話できる新FaceTime、Zoom対抗になるか

 “Zoom対抗”として話題を集めたのが、FaceTimeの新機能だ。iOS 15ではFaceTimeが「URLの発行」に対応し、メールやメッセンジャーで共有することが可能になった。もともとは相手を識別するためにApple IDが必要だったFaceTimeだが、iOS 15ではURLさえ届いていれば会話に参加できる。ただしURLを受け取った相手が必ずしもiPhoneやiPad、Macを使っているとは限らない。そこでAppleは、FaceTimeをブラウザに対応させ、AndroidのスマートフォンやWindowsのPCからもアクセスできるよう、対象端末を拡大した。

iOS 15 FaceTimeを起動した画面。リンクを作成するか、従来通り発信するかを選択できる

 URLの発行にはiPhoneやiPad、Macが必要だが、招待される側のデバイスは問わない。デバイスが限定されているため、複数のユーザーが参加する会議などの用途に使いづらかったがFaceTimeだが、iOS 15ではそれが解消された格好だ。実際、iPhoneでURLを発行して、AndroidとWindowsそれぞれからアクセスしてみたが、どの端末でも特に問題なく利用できた。iPhoneを持っていながら、PCはWindowsというユーザーが、FaceTimeにデスクトップPCから参加する際にも役立ちそうな機能だ。

iOS 15iOS 15 「リンクを作成」ボタンをタップすると、即座に共有メニューが表示される(写真=左)。発行されたURLにAndroidスマートフォンでアクセスした画面。Apple IDなどは必要なく、名前を入力して入室する(写真=右)
iOS 15 Android側の通話画面。専用アプリがあるわけではなく、ブラウザで参加する仕組みだ

 ただし、iOS 15で実装された背景ボカシや、ミー文字に顔を変える機能などには非対応。画面共有ができるのも、iOS 15でFaceTimeを実行している場合のみになる。友人同士の会話や、簡単な打ち合わせにはいいかもしれないが、画面共有ができないと込み入ったビジネスミーティングには使いづらい。このような用途や機能が必須という場合は、iOS 15同士でFaceTimeをするか、Zoomなど、別のツールを使った方がいいだろう。ビデオ会議アプリのWebinarのように、1対多の配信ができるわけでもないため、完全に代替できるわけではない点には注意したい。

 逆に、iOS同士であれば画面共有はスムーズにできた他、Apple Musicを一緒に聞いたり、映画を複数人で見たりといった使い方ができる。“Zoom対抗”として注目を集めたFaceTimeだが、ビデオ会議アプリより、ややプライベート寄りの使い方に向いている印象も受ける。ビジネスツールとして登場したZoomと、ユーザー同士の電話の延長線上で進化してきたFaceTimeの違いが出ている部分だ。iPhoneやiPad、Macを起点としていることからも分かる通り、サービスのマルチプラットフォーム化というより、FaceTimeそのものの利便性を上げる取り組みといえる。

iOS 15iOS 15 現時点では、iOS同士でしかFaceTimeをつないでいるときにしか画面共有が使えなかった(写真=左)。背景をボカすポートレートエフェクトや、マイクのモードを変更することも可能だ(写真=右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー