ニュース
» 2021年07月13日 19時05分 公開

「YouTube ショート(β版)」提供開始 スマホでショート動画を作成

YouTubeは、スマホアプリでショート動画の編集や投稿ができる「YouTube ショート(β版)を」提供開始。複数の動画をつなぎ合わせるマルチセグメントカメラや楽曲の追加、速度の設定などが行える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 YouTubeは、7月13日からスマホアプリでショート動画の編集や投稿ができる新機能「YouTube ショート(β版)を」を順次提供。2020年9月にインドで初公開して以来26カ国で提供してきたが、これより日本を含む世界100カ国以上に対応した。

YouTube 「YouTube ショート(β版)」を順次提供開始

 YouTubeのスマホアプリでは、ショート動画の視聴は可能となっていた。ベータ版では新たに複数の動画をつなぎ合わせるマルチセグメントカメラ、楽曲の追加機能、速度の設定などが可能な動画作成ツールを使ってショート動画を作成できるようになる。

 今回のグローバル版の提供に合わせ、動画の特定のポイントにテキストを追加、ショート動画に自動でキャプションを追加、ショートカメラで最大60秒の動画を撮影、スマートフォンのギャラリーからクリップを追加してショートカメラで撮影した動画に追加、フィルターを追加して動画のカラーを修正といった機能も利用可能に。フィルターでは、より多くのエフェクトを順次追加していく。新機能には他のショート動画だけでなく、YouTube全体の動画から音声をサンプリングできる機能も含む。クリエイター側は動画のサンプリングを許可するかどうか設定できる。

YouTube サンプリング機能

 YouTubeのトップページにはショート動画のセクションを追加しており、次の動画を縦スワイプで表示できる。近日中にモバイル上にも「ショート」タブを追加する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう