ニュース
» 2021年08月13日 17時00分 公開

GlotureがTAYLOR製「アナログスマートウォッチ」のクラウドファンディングを実施 スマホアプリの通知や歩数計などを装備

Glotureが、台湾TAYLOR製の「アナログ スマートウォッチ」の販売に関するクラウドファンディングを開始した。このスマートウォッチはスマホアプリの通知や歩数計、スマホ探知機能、コンパス機能などの機能をはじめ、水深50mに耐える防水性も備えている。

 Glotureは8月13日から9月30日まで、「TAYLOR アナログ スマートウォッチ」のクラウドファンディングをGREEN FUNDINGで実施。想定価格(税込み2万8800円)から28〜35%引きでファンディング(投資)を募る。このファンディングはAll-or-nothing方式となっているようで、支援総額(売り上げ)が20万円を超えた時点で取引は成立となる。取引が成立した場合、リターン(商品)は12月中旬に発送される。

Gloture TAYLOR アナログ スマートウォッチ

 TAYLOR アナログ スマートウォッチは、台湾の老舗時計メーカー「TAYLOR(テイラー)」が製造しているスマートウォッチで、その名の通りアナログ腕時計にスマートウォッチとしての機能を付与したことが特徴だ。

 ディスプレイに傷がつきにくいサファイアクリスタルを使用し、外装には医療グレードのステンレス鋼を使用。ラインアップはホワイトシルバー、ブラックシルバー、ホワイトゴールド、ブラックゴールドの4種類で、付け替えできる牛革とメッシュメタルの2種類のストラップを同梱する。

Gloture 牛革とメッシュメタルの2種類のストラップを付属する

 スマートウォッチとして、スマホに届くメッセージや電話などを通知する機能を備えており、スマホに専用アプリをインストールすれば、電話、メール、LINEやカレンダーなど13種類の項目を通知できる(通知する項目はカスタマイズ可能)。歩数計やスマートフォン/スマートウォッチの探知機能、コンパス機能、水深50mに耐える防水性も搭載する。

Gloture アプリの利用イメージ

 時計の時刻合わせは専用アプリのほか、アナログ時計のようにダイヤルを回して設定できる。通常使用で最大10〜15日間利用でき、バッテリーが10%を切ると自動的に省エネモードに移行する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年