ニュース
» 2021年09月30日 14時00分 公開

キングソフトがクラウドベースのオフィススイート「WPS Docs」をリリース 無料版(広告あり)も用意

キングソフトのオフィススイート「WPS Office」のクラウド版が登場する。Webブラウザベースのインタフェースも用意し、クラウドストレージを利用することでドキュメントなどの共同編集も行えることが特徴だ。広告が表示されることを条件に、Webブラウザで利用できる無料版も提供される。

[井上翔,ITmedia]

 キングソフトは9月30日、クラウドベースのオフィススイート「WPS Docs」の提供を開始した。Webベースで利用できる無料版(広告表示あり)と、「WPS Office」のデスクトップアプリも利用できる有料版(広告表示なし)が用意されており、有料版のライセンス料金(税込み)は1年間で4650円、または6カ月間で2520円となる。

イメージ クラウドベースで利用できるWPS Docs

WPS Docsの概要

 WPS Docsは、WPS Officeのクラウド版で、時間、場所やアクセス方法を問わず利用できることが特徴だ。クラウドストレージを利用してドキュメントを複数のユーザーで共同/同時編集することも可能だ。

 対応するプラットフォームは以下の通り。

  • Windows(Windows 8.1以降)(※1)
  • Mac(macOS 10.12以降)(※1)
  • Androidスマートフォン/タブレット(Android 5.0以降)
  • iPhone/iPad(iOS/iPadOS 12.0以降)

(※1)有料版でデスクトップアプリをインストールする場合は、ストレージに1.5GB以上の空き容量が必要

 ファイルの保存や共有に利用するクラウドストレージは、無料版で1GB、有料版で20GBを利用できる。利用に当たってはアカウントの作成が必要だが、以下のWebサービスのアカウントを持っている場合は、それを利用したログインにも対応する。

  • Google
  • Apple ID
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Dropbox
  • WeChat
クラウドストレージ 無料版には1GB、有料版には20GBのクラウドストレージが付帯する
共同編集 クラウドストレージを利用すると、複数ユーザーによる共同/同時編集もできる。ユーザーごとに編集できる領域を設定することも可能で、過去のファイルも「当日中」「過去3日間」「過去7日間」とさかのぼって確認できる
アカウント アカウントの作成やログインには、よく使われているWebサービスのアカウントを流用することもできる

 編集/閲覧に対応するドキュメントは以下の通り。

  • .docx(Wordドキュメント)
  • .xlsx(Excelシート)
  • .pptx(PowerPointプレゼンテーション)
  • .pdf(PDFファイル、※2)

(※2)編集は、有料版でデスクトップアプリを利用した場合のみ可能

有料版 有料版で利用できる「WPS Office」のデスクトップアプリは、単体で全てのドキュメントファイルを扱えることが特徴。開いているファイルの種類は、タブの表示で識別できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー