ニュース
» 2021年11月12日 17時49分 公開

ドコモ、フルカラーLEDで光る「羽根のないドローン」を開発

NTTドコモは、フルカラーLED搭載でさまざまな色に光らせることができる「羽根のないドローン」の新型を開発。アクションカメラで高画質な映像を空中から撮影することも可能で、ネットワーク経由での制御も行える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、11月12日に「羽根のないドローン」新型機体の開発について発表した。

NTTドコモ ドローンが光りながら飛行する様子

 同社が2019年に開発した羽根のないドローンは、プロペラや羽ばたき翼ではなくヘリウムガスを充塡(じゅうてん)した風船の浮力で浮遊。さらに「空気ポンプ」として動作する超音波振動モジュールが推進力を生み出し、空中を移動する。

 今回開発した新型機体は、搭載したフルカラーLEDでさまざまな色に発光しながら飛行することが可能。アクションカメラで空中から映像を撮影でき、推進力の向上にで安定した飛行が行える。ネットワーク経由での制御も可能で、自動飛行などのシステム化も容易に行えるようになった。

 新型機体の直径は最大約90cm、最大飛行速度は約20cm/秒、連続飛行時間は約1〜2 時間。上空をさまざまな色に光らせながら飛び回るドローンショーのような空間演出や、高画質カメラで上空から撮影するなどの活用を想定している。

NTTドコモ 利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー