ニュース
» 2021年07月08日 17時00分 公開

ドコモ、月額4万9800円/120GBのドローン向け新料金プランを提供

NTTドコモは、月額4万9800円(税込み)でLTE通信を月間データ容量120GBまで利用できるドローン向け新料金プラン「LTE上空利用プラン」を提供開始。同一空域、同一時間に利用が集中することを防ぐ「LTE上空利用予約」も実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、7月8日にドローン向け新料金プラン「LTE上空利用プラン」を提供開始した。利用料金は月額4万9800円(税込み)で、LTE通信を月間データ容量120GBまで利用できる。

 ドローン本体に本プラン対応のSIMカードを挿入、もしくはSIMカードを挿入したLTE通信端末をドローンに搭載すれば上空でLTE通信が可能となる。目視外での長距離飛行やリアルタイムのデータ伝送、広範囲の農薬散布や生育監視、遠隔地への長距離物流、災害発生時に遠隔地のリアルタイム映像伝送などで活用できる。

NTTドコモ 利用イメージ

 通信速度は下りが最大950Mbpsで、120GB超過後は当月末まで送受信最大1Mbpsとなる。利用データ量1GBごとに1100円(税込み)が必要となる「1GB追加オプション」または「スピードモード」を申し込むと、通常速度で利用できる。対応エリアはLTEのみで、3Gと5Gは除く。定期契約や解約金はなく、別途ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料、契約事務手数料3300円、名義変更手数料2200円、カード発行手数料2200円が必要だ。

 あわせて、利用場所、日時、台数、高度などを事前に予約する「LTE上空利用予約」もセットで提供。同一空域、同一時間に上空でのLTE通信の利用が集中することを防ぎ、過度な電波干渉を抑制する。利用にはdアカウントもしくはビジネスdアカウントが必要。

NTTドコモ 「LTE上空利用予約」のサイトイメージ

 また、同社は上空でLTEを活用したドローンによる物資輸送の有用性を確認するため、中北薬品、ICソリューションズ、エアロセンスの協力のもとで災害時を想定した医薬品ドローン物流実証実験を実施。LTE通信モジュール内蔵型の垂直水平飛行が可能な国産機VTOL(エアロボウイング AS-VT01)を活用し、映像伝送と機体制御をLTE通信で行い離陸から着陸まで自動制御での飛行に成功した。

NTTドコモ 実証実験イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう