「iPhone 13 Pro」自腹レビュー:プロ用機器としては便利だが、スマホとしての完成度は「13」が上だ(1/3 ページ)

» 2021年11月19日 06時00分 公開
[島徹ITmedia]

 「iPhone 13」シリーズへの買い替えで、iPhone 13と「iPhone 13 Pro」の買うべきか悩む人は多いのではないだろうか。

 iPhoneで「Pro」が初めて付いた「iPhone 11 Pro」のときは高性能かつスマートなモデルだったが、今回のiPhone 13 Proでは業務用といった意味の「プロ」モデルの意味合いが強くなり、かなり重量感のあるモデルとなったことで迷っている人もいるだろう。

iPhone 13 Pro 今回のiPhone 13 Proは、トリプルカメラがいずれも大型化。重量も200gを超えるヘビーなモデルとなっている

 また、近年のスマホ市場は割引規制の影響もあり、予算本体価格10万円前後、下取りなど含めても高額な出費になるだけに失敗は避けたいところだ。

 そこでこの記事では、iPhone 13 Proの利点と欠点を自腹で買った筆者が本音で解説し、2021年はiPhone 13とiPhone 13 Proのどちらを買うべきかを紹介していく。

iPhone 13 ProiPhone 13 Pro iPhone 13 Pro。通常のiPhone 13と違い、望遠カメラとLiDAR搭載に加えて、カメラ1つ1つが大型化している。6.1型(2532×1170ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載。最大120Hz表示に対応する

iPhone 13 Proと通常のiPhone 13の違いをチェック

 まずはiPhone 13 ProとiPhone 13の違いをざっと見ていこう。

 大まかに言えば、iPhone 13 Proは従来モデルからカメラの撮影範囲や撮影性能が向上し、ゲーミング用途向けの機能も若干強化された。だが、これらの機能強化の代償として6.1型ディスプレイのiPhoneとしては最大となる203gの重量や、カメラがかなり飛び出た形状など不満となる部分も増えている。

iPhone 13 ProとiPhone 13の主な違い

  • ◎3倍望遠カメラ
  • ○センサーサイズがやや大きい
  • ○マクロ撮影
  • ○Apple ProRewとApple ProResHQ422撮影に対応
  • ○ディスプレイが120Hz駆動に対応
  • ○GPUが5コア、メモリが6GB(13は4コア、4GB)
  • ×重量203gと6.1型iPhoneで一番重い。13と比べ30g増
  • ×カメラ部がかなり大きく、約3.7mmも出っ張っている

 先に評価を述べておくと、iPhone 13 Proはカメラ機能にこだわる人やガジェット好き、業務で小型の高性能カメラが欲しい人にとってはベストなモデルだ。だが、そこまで突き抜けたがゆえに、一般の「少しいいiPhone」が欲しい人には不便な重量や形状になっている。カメラを中心とした最新ガジェットとしては評価できるのだが、普段使いのスマートフォンとしては評価しづらい、かなり人を選ぶモデルという印象だ。

 以下は、ここ最近の従来モデルと比較した画面サイズや重量の比較となる。iPhone 13の優等生感に対し、iPhone 13 Proの突出した重さが分かるだろう。

iPhone 13 Pro 「iPhone 8」以降のiPhoneシリーズをサイズ順に並べた
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年