レビュー
» 2021年10月07日 06時00分 公開

「iPhone 13 Pro」のカメラは総合的にピカイチ 気になる「マクロ機能」や「フォトグラフスタイル」もチェック(1/4 ページ)

新型iPhoneが出たらやること、それはカメラレビューだ。「iPhone 13 Pro」のカメラはデザインこそ「iPhone 12 Pro」を引き継いでいて変わり栄えしないように思えるが、センサーが変わっていたり、気になる機能が追加されていたりと、いろいろ遊べるのである。

[荻窪圭,ITmedia]
iPhone 13 Pro 「iPhone 13 Pro」。カメラユニットが大きくなった分、より目立つようになった

 恒例の新型iPhoneカメラレビューの季節がやってきたのである。「iPhone 13 Pro」だ。

 デザインは「iPhone 12 Pro」を引き継いでいるので、見た目からして大きく変わった、ってことはないし、いきなりカメラが6個に増えたとかいきなりズームレンズを搭載したとかそういう見栄えのする大変化はないんだけれども、使ってみると「あれ? なんかかなり良くなっている」と思うことしばしばなのだ。

 今回のカメラはいいぞ。ざっくりいうと、

  • 3つのカメラ全部がバージョンアップした
  • 待望のマクロ機能がついた
  • 3倍の望遠カメラは思ったより使える
  • なんか基本画質が上がってない?

 さらに、

  • シネマティックモードはめちゃ面白い

 である。ねちねちと使いながら検証してみたい。

カメラがちょっとでかくなったわけ

 13 Proと「iPhone 12 Pro Max」を並べてみた。

iPhone 13 Pro 向かって左がiPhone 13 Pro。右がiPhone 12 Pro Max。カメラユニットのサイズが分かるよう上辺をそろえてみた

 確かにカメラユニットがデカくなっている。レンズ部の直径も大きくなっている。

 しかも以前よりレンズ部が出っ張っている。レンズの角をこすってレンズが傷つきそう……というよりは、ぶつかった相手が傷つきそうである。うまいことカメラ部を保護するケースが欲しくなりそう。

 ここまで目立っちゃうと「カメラ性能はそんなにいらないからカメラユニットを控えめにしてくれ」「目立たなくしてくれ」って人には不評なんだろうけど、カメラはiPhoneを構成する重要な要素だからね。

iPhone 13 Pro 斜めから撮ってみた。左がiPhone 13 Pro。外側の保護レンズの出っ張りが大きい

 カメラがでかくなったのはその分、カメラユニット自体の性能を上げてきたからで、カメラ性能を上げるにはカメラユニットの力と、コンピュテーショナルフォトグラフィーという技の両方が必要なわけだ。

 そんな新しいカメラが12 Pro/12 Pro Maxからどう進化したかを念頭におきつつ、細かくチェックしてみたい。細かくてすまん。3つのカメラは例によって超広角/広角/望遠という構成なので順番に見ていくのである。

超広角カメラはAF搭載に!

iPhone 13 Pro 縦に2つ並んだカメラは、下が広角、上が望遠。右に1つだけあるカメラが超広角だ。わざと大きさをそろえてあるが、レンズやイメージセンサーの大きさはそれぞれ違う

 超広角カメラはどちらも13mm相当の焦点距離だけど中身は変わっている。センサーは新しくなり、センサーサイズはほんのちょっと大きくなった(たぶん)。そしてレンズはF2.2からF1.8へと明るくなった。簡単にいえば、基本性能がちょっと上がったのだ。特に明るくない場所(室内とか夜)に強くなった。

iPhone 13 Pro 超広角カメラでガスタンク。ちょっと天候が悪かったので地味だけど、ゆがみが補正された超広角感は素晴らしい
iPhone 13 Pro 風景を広く撮りたいときにこの13mm相当(スマホでは最広角の部類)はいい。青空の描写もOK

 大きく変わったのは、13 Pro/13 Pro Maxに「AF機構がついた」こと。ほぼパンフォーカスなので普段の撮影では気にすることはないが、至近距離撮影(レンズ前10cmとか)だと重要になる。AF機構を入れたのは、レンズ前2cmというマクロ撮影に対応するためだろう。

 例えばこの写真。公園に転がっていた子供用サッカーボールを近距離(だいたい20cm弱くらい)で撮ったもの。

iPhone 13 Pro AF対応したからこその超広角写真。以前はパンフォーカスだったので近いものにピントが合わなかった

 まあなんてことない写真なんだけど、iPhone 12 Pro Maxと比べると、AFがちゃんと働いている。iPhone 13 Proはサッカーボールにピントが合っていて背景が気持ちボケているけど、iPhone 12 Pro Maxは無限遠に合うよう調整された固定フォーカスなので背景はクッキリしているけど、近すぎるサッカーボールはちょっとボケている。

iPhone 13 Pro 左がiPhone 13 Pro。右がiPhone 12 Pro Max。よーく見ると、13 Proの方はボールにピントが合っていて背景はほんの少しボケている。12 Pro Maxはその逆

 拡大しないと分からないんだけど、近距離の超広角写真(これが遠近が極端についてなかなか面白いのだ)を撮りたかった人には朗報だ。マクロ機能の話は後ほど。

 次は広角カメラを使ってみる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー