連載
» 2022年05月22日 12時00分 公開

iPhoneの「メール」で特定のメールだけ確認しやすくする方法iPhone Tips

さまざまなメールアカウントを統合して管理できる「メール」アプリだが、アプリ内でだけ使える「フラグ」を立てて再び確認しやすくできる。仕事や友人との予定、ライブのチケット発券情報などの確認に便利だ。

[雪城あさぎ,ITmedia]

 iPhoneの「メール」アプリではGmailやOutlookなど、iCloud以外にもさまざまなメールアカウントを統合して管理できる。今回はメールアプリでだけ表示される「フラグ」の立て方を紹介しよう。

 フラグは「旗」を意味する通り、受信したメールに立てる目印だ。操作は簡単で、受信したメールを左にスワイプして「フラグ」をタップするだけ。簡単に目印を付けられ、メールボックス内の「フラグ付き」で確認できる。

iPhoneメールフラグiPhoneメールフラグ 今回はメールマガジンで試してみる。メールを左にスワイプし(画像=左)、「フラグ」をタップする(画像=右)

 「フラグ付き」で確認できるメールは「Gmail」アプリのの「スター」や「Outlook」の「フラグ」のような同等の機能を使ったメールも含んでいる。メールアプリで立てたフラグはオレンジ、別のアプリの場合は赤のフラグが表示されるため、差別化はできている。

iPhoneメールフラグiPhoneメールフラグ 「フラグ付き」のメールボックスを確認すると(画像=左)、先ほど立てたフラグ付きメールが表示されている(画像=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー